あなたはS?M? 「サド」と「マゾ」のルーツ

「俺、ドMだから」、「君、ちょっとSっ気あるよねー」などと、恋愛の話になると、必ず1度は出てくる「SかMか」という話。すっかり一般的になった言葉で、性癖がどうのという場合だけでなく、広く日常のなかで、「他人をいじめて快感を得るタイプ」なのか、「他人にいじられて快感を得るタイプ」なのか、という意味でも使われていますね。「サド」も「マゾ」も実在した人物がルーツだということ、ご存知ですか?

「サド」侯爵は狂気の作家!?


サディズムの元祖とされる「サド侯爵」の本名は、ドナティアン・アルフォンス・フランソワ・ド・サド。1740年パリ生まれ。サド侯爵の「サディスティック」な奇行が有名になったのは、1772年のある事件。ゲイの下男と一緒に、娼婦4人でムチで打ち、乱交を繰り広げるなどして、大スキャンダルに。さらに、サド侯爵は娼婦を媚薬で毒殺したとされて、死刑宣告を受け、刑務所に入ります。

フランス革命前の時期だったこともあり、以後、政治犯にもなるなど、忙しく入獄・脱獄を繰り返しますが、同時に,作家として『ソドム120日』『美徳の不幸』などの問題作を次々と発表。どの作品も、非常に“サディスティック”な描写に満ちており、実生活でも、サド侯爵は数々の性的虐待を実行していたと言われています。そんな彼とその作品にちなんで、1886年、ドイツのクラフト・エービングという精神医学者が「サディズム」を命名。広く、「性的なものに留まらず、残酷さのなかに喜びを見出す傾向」をそう呼ぶようになりました。

奴隷宣言をした!? 「マゾッホ」


続いて、『マゾ』の元祖である、レオポルド・フォン・ザッハ・マゾッホ氏は、サド侯爵から遅れること約100年、1836年に現ウクライナで生まれます。厳格な警察署長を父親に持ち、本人も歴史教師に。やがて小説を書き始め、『毛皮を着たヴィーナス』という作品で、一躍その名を知られるようになります。

作品には、“苦痛に快感を覚える”青年の姿が描かれていますが、やはり彼も実際にその傾向があり、1873年に結婚、その夫人らとも、いわゆる“マゾ”な奇行に及んだと言われています。ちなみに、結婚の際に2人の間で交わされた誓約書は、こんなものだったそうです。

EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ