あなたも注意! 「マインド・コントロール」や「洗脳」の行われ方

この春、オセロの中島さん騒動で改めて注目された、「洗脳」や「マインド・コントロール」という心理操作。昔から、これらが用いられた悲惨な事件は幾つも起こっていますし、身近でも、悪質商法などの被害は後を絶ちません。最近は、大災害や世情の不安につけこんでくる業者なども増えていると聞きます。「自分は絶対に大丈夫!」と思っているような人でも、一歩間違えば、気がつかないうちに相手の手のうちにハマって、抜けだせなくなってしまう、恐ろしい罠。警戒と対策の意味でも、ぜひその詳細について少し学んでおきましょう。

『洗脳』……今までの自分を”暴力的”に破壊され、新しいアイデンティティを植え付けられる


一般的に、「洗脳」と「マインド・コントロール」という言葉は、似たような捉え方をされますが、その手法は大きく異なります。『洗脳』は、今までの『自己アイデンティティ(自分自身の心の核をなすもの。自分がどういう人間かを表すもの)』を破壊し、新しいアイデンティティを植え付ける手法です。強制的に「まったく違う自分」を作り出す、という行為になります。

例えば、19世紀、戦争捕虜などに対して行われていた洗脳では、「アイデンティティにおける『死と再生』」が掲げられていました。誰しも、生まれてから今までの人生で、その人のアイデンティティが培われてきていますが、これを、心身ともに虐待したり、攻撃したりすることで崩壊させ、「これまでの自己」と決別させるのです。そして、「新しいアイデンティティを受け入れれば、苦痛から救われる」という構造を作り、本人自ら新しい自分を受け入れるように仕向けていきます。

一旦、今の自分を粉々に壊され、“精神的な廃人“とされるという意味でも、「洗脳」は、暴力的で恐ろしい、非人道的な行為です。植え付けられた「新たな自分」は、他者に完全にコントロールされた人格なので、その者の欲求に従った行動をとるようになります。妄信的に洗脳者の言うことを聞く状態の人間というのは、このようにして作られます。

『マインド・コントロール』……暴力的に攻撃しない。本人が気付かないまま、新しい人格にすり替えられる


EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ