がんばればがんばるほどダメになる!? 恋も仕事も「脱力」が大事 

みなさん、恋に仕事に毎日がんばってますか?

この「がんばる」というのが実はくせもので、一生懸命にやりすぎると、かえって、みなさんが持ってる本来の魅力を奪ってしまうということがよくあります。

眉間にしわを寄せてがむしゃらにがんばると、「ふぅ~、よくがんばった~」と自分として充実感は得られるけれど、意外に結果は出てないということありませんか?

脱力=リラックスはとても大事で、みなさんが元々持っているパワーを引き出してくれる重要なキーワードなのです。

小さいころから「がんばる」ことはちゃんと教わりますが、力を抜くことはあまり習わないので、真面目な人ほど脱力が苦手なもの。ぜひ「脱力」を合い言葉にラブワークバランス美人を目指しましょう!

たとえば仕事。「大事な時期」と思って気合いを入れ過ぎて毎晩残業をしていると、いいアイディアが出なかったり、体調を壊してしまったりします。忙しくて余裕のないときほど、無理にでもにっこりと笑顔をつくり、のんびりと休憩しながら仕事をするようにします。そうすると、視野が広がって体調も安定します。周りからも「あの人はいつも笑顔で気遣いができる人」「何か知らないけど、余裕がある」と一目置かれて、仕事を助けてもらえたり。

恋愛も同じですよね。真剣さのにじみ出た恐ろしい表情で婚活に取り組んでも、おっかないオーラに男性は逃げてしまいます。「いい恋がしたい」「そろそろ結婚しないと」と焦ってしまう時ほど、無理にでもニヤリと余裕の笑みを浮かべて、鼻歌交じりに毎日を過ごすようにします。もちろんそれはとても難しいことですが、そうすると不思議といい出会いがやってくるもの。間違っても、思いを込めすぎて恋のチャンスを台無しにすることのないようにしましょう。

恋も仕事も力んだらその時点で負け。大事なときほどリラックスが大事。そのコツはなんといっても笑顔です。無理にでも顔を笑顔にすると、脳も自動的にリラックスして、楽しい気持ちになるしいいオーラが巡り始めます。モデルばりの「にっこり口角」で、“ラブワークバランス美人”になりましょう!
(五百田達成)

EDITOR

五百田達成

作家・心理カウンセラー。「コミュニケーション心理」「社会変化と男女関係」をテーマに執筆。著書「察しない男 説明しない女」が30万部超え

関連記事