ただ軽くデートできる相手が欲しい!? 既婚者男性の本音

最近の恋愛事情について、20代後半〜30代の独身女性たちに伺った際、こんな話が出てきました。「ご飯に行こう、とよく誘ってくれるのは、既婚者男性ばかり」というものです。女性として嬉しくないわけではないけれど、と言いながら、本音ではやはり、「できれば独身男性から誘われたい」とか、「断られても平気だから軽く誘えるんだろうね」、他にも「こんな男ばかりだと思うと、結婚に夢がなくなるから止めてほしい」……等々、独身男性ではなく既婚者にばかり誘われる、という事実に、少々納得がいかない様子でもありました。そこで、この件について、既婚者男性たちに聞いてみたところ、「不倫ほどドロドロした恋愛は望んでないけれど、ただ、時々でいいから楽しくデートできるような女の子がいたらいいなと思う」――そんな共通意見が一部の男性たちから挙がってきました。詳しくご紹介していきますね。

妻が「子供」に夢中だから……


まず、なぜそのようなことを思うかについて、最も多かったのがこの意見。子供が産まれてから、妻が子育てに夢中になっており、自分(夫)に対する扱いが雑になった、自分に関心を持ってくれなくなって少し寂しい、自分の居場所が家庭になくなっているので、外に求めてしまうのかも……といった意見です。子育てをしてくれている奥様にはとても感謝をしているし、不倫などに踏み込む気はないけれど、ただ時々、現実を離れて、女の子と楽しく外でご飯でもできたら嬉しいなと思ってしまう、とのことでした。

冒頭の独身女性から、「なら、手っ取り早く、そういうお店(女の子と飲めるような店)に行けばいいのに」と指摘されると、「そういう、ガツガツ口説いたり、直接的な色気とかは要らなくて、ただちょっとドライブに誘える女の子とか、そういうのが欲しいだけ」、といった率直な意見もありました。奥様の育児の大変さについて、「毎夜、赤ちゃんと共に早々に寝てしまっている奥様を見ていると、本当に疲れていて余裕もなさそうなので、何かを頼んだりもしにくい」と語った方もいました。奥様の苦労を理解はしつつも、男性は男性で仕事のストレスもあり、帰宅後、家族に温かく迎えてほしいとか、女性とちょっと楽しく話して癒されたい、などと思ってしまう気持ちがあるのかもしれません。

“働く女性”や“趣味が同じ女性”と話すのが楽しい!?


EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ