『PMS(月経前症候群)』をパートナーに理解してもらうには

PMS(月経前症候群)。ここ十数年くらいで、日本でも広く一般的になってきた言葉です。生理前3〜10日間前後に起こる、様々な精神的・身体的な不調を指し、原因は女性ホルモンだと言われていますが、完全にはまだ解明されていません。軽いものから重度のものまで、症状も様々ですが、おそらく女性であれば、「これってPMS!?」と思える症状を体験したことがある方は多いのではないでしょうか。

PMSになりやすい性格がある!?


女性自身も判断に迷いがちな、PMS。実は、PMSは「なりやすい性格傾向」も指摘されています。池下レディースクリニックの池下育子院長によれば、10代〜50代までの女性300人に行った調査において、PMSの症状が出やすい人には以下のような特徴があったそうです。

□律儀、□まじめ、□几帳面、□完璧主義、□負けず嫌い、□自分に厳しい、□執着心が強い、□嗜好品の量が多い、□空想癖がある、□コンプレックスがある、□自我が強い、□我慢するタイプ、□こだわりが強い、□普段は感情をあまり表に出さない、□生活リズムが変則的、□依存が強いもの(酒、タバコ、食、物、人、性交渉など)がある、□生理はわずらわしいと思っている、□いつもなんとなく体調が悪い、□自律神経系のバランスが悪い、□ストレス関連疾患を患ったことがある

10個以上ある人は特に要注意、とのことです。上記の項目のなかでも、コーヒーや甘い物などの「嗜好品の摂取量が多い人」と、「神経質・几帳面な性格の人」は、特にPMSになりやすい傾向があったそうです。神経質・几帳面な性格の方などは、日頃溜め込んでいるストレスが、生理前のタイミングで放出されてしまいやすいのかもしれませんね。

PMS、パートナーに分かってもらうには?


さて、PMSの症状には、<憂鬱になる、怒りっぽくなる、涙もろくなる、悲観的・ネガティブになる、不安を感じやすくなる、不満が爆発する、無気力になる、自己嫌悪に陥る、情緒不安定になる、神経過敏になる、イライラしやすい、無気力になる、人に会いたくなくなる、集中力・能率が低下する、判断を誤りやすくなる、不眠、眠気、むくみ、目眩、頭痛、腹痛>などがあり、心身両方に起こります。生理前、一番近くにいて気兼ねのない恋人や旦那様に、こうした不安定な状態の自分をぶつけてしまい、ケンカになったり後悔したりしてしまう。そんな女性の声もたくさん耳にします。男性側も、こうした女性の変化をどう受け止めていいのか分からず、困っている方もいるのではないでしょうか。

EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ