「クリスマスまで間に合わない!」 彼氏がいない女子の焦り

11月に入りクリスマスまで2カ月を切った。クリスマスはもうそこまできている。一年の中で誰もが浮き足立つ時期……ではない! シングルにとってはひとりでいることの寂しさや侘しさを感じるこの時期。
あらゆるイベントの中でクリスマスというのは恋人がいない場合は一番厄介な世の中の大イベントである。クリスマスが近づくと人恋しくなったり、一人でいることに焦りや不安を感じる。普段「私は仕事が恋人よ」とか「別に一人でもさびしくなんかないわ」とファイティングポーズをとって表向きは強がっている女子でも弱気になる時期なのだ。

私の周りもシングルの人間はこの時期、「今年どうしよう……」となる。これがプレゼント選びやレストランのセレクトで「どうしよう」と困っているならば嬉しい悩みなのだが、
「いったい誰と過ごそう?」
「その日をどうやってやり過ごすか?」
……なのである。サンタは来てくれなくとも誰のとこにも聖なるイブの日は訪れる。

彼氏彼女持ちの友達というのはクリスマスの晩に付き合ってくれようなボランティア精神は全く持ち合わせていない。それどころか彼氏のいる女子、決まった相手がいる女というのは特にこのシーズン、独り者に対して妙に勝ち誇った顔をして優越感に浸るのだ。

「アンタと違って私って幸せ者」と比べる。女というのは何故に人の不幸や情けなさを見て自分が恵まれている、自分の方が幸せだと感じるのであろうか? そして相手の幸せな姿を見せつけられると自分が情けない気分になるのは何故であろう。

結婚式の時にバージンロードを歩く新婦は、まだ行くあてのない女友達に「お先に~」というオーラが出ており、キャンドルサービスも上から目線の余裕の笑顔。そして一方で主役である純白のドレス姿に身を包んだ新婦に祝福の拍手をしながら、独身者は心の中で舌打ちするのである。

「なんであの子が結婚できて私にはできないの?」「悔しい」……というように、彼氏がいること、パートナーがいることは勝ち組であり、女がひとりで居ることは世間からみれば「アンタ負け」……という勝負的な風潮。

EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ