「子供は一人」を選ぶ夫婦が増えている!? その理由と実態

「子供は3人欲しい」「男の子と女の子、一人ずつ欲しいな」……など、将来、自分の子供の人数について理想や希望を持っている方もいるかと思います。日本では、男女を問わず“子供は2人”という家族が最も多く、この四半世紀のスタンダードになっています。住宅や車など、ファミリー向けの商品も、“4人家族”を前提に設計されているものが非常に多いそうです。

最新の『出生動向基本調査(2010年、国立社会保障・人口問題研究所による)』を見ても、依然、「子供は2人」という家族が約57%と最多ではあったのですが、今回の調査では、大きな変化が見られています。それは、「子供は1人」という家族がかなり増加した点。夫婦が生涯に持つ子供の平均人数も1.96人となり、調査依頼、初めて2人を下回っています。少子化問題が叫ばれて久しい日本ですが、生涯未婚者が増えていることだけでなく、結婚して子供を持とうという意欲や機会を持てたカップルでも、「子供は1人」というケースが増えているようです。

「子供は1人」を選んだ理由は?


では、なぜ、自分たちの家庭では“子供は1人”となった、もしくは選んだのか。「そもそも、子供は一人で十分と考えていた」ケースを除けば、実際の夫婦からは、主に以下のような意見が挙がっています。

1) やむをえず
迷っているうちに機を逃した、それ以上仕事を休めなかった、晩婚で年齢的に厳しかった、など。

2) 経済事情から
子供が多いとお金がかかる、教育費がかかる、1人の子に十分なことをしてやれないから、など。

3) 将来不安から
子供に生きよい社会や地球環境でない、生まれる子供の健康が心配、教育や受験を思うと気が重い、子供の数だけ気苦労が増える、など。

4) 一人目の苦労経験から
一人目のときに、妊娠や出産が大変だったから、子供や子育てがあまり好きではないと感じた、夫が子育てに非協力的だったから、など

5) 自由時間、生活スタイルの維持

EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事