“黙れる人”は恋にも強い!? 会話の『沈黙』が苦手な人へ

会話をしていると、必ずどこかのタイミングで訪れるのが、『沈黙』。皆さんは、沈黙が平気なタイプですか? それとも沈黙に耐えられず、何かしら言葉を発してしまうタイプですか? 沈黙に苦手意識を持っている人も少なくないと思いますが、その“苦手”は取り払ったほうが、恋愛でも人間関係でも得をするかも……!? 今回はそんなお話です。

「沈黙が苦手な人」が損すること


概して、沈黙が苦手な人の心理には、「過剰な気遣い」や「沈黙を怖れる感情」があります。「沈黙は良くないものだ」と考えてしまっているので、沈黙の場が訪れると、どうにか雰囲気を和ませようと、言葉を発したりしてしまうのですね。

ですが、こうしたときは咄嗟の対応なので、大体が必要のない発言だったり、確信を突きすぎている“余計な一言”だったり、時には、誰かの“地雷”を踏んでしまうような発言であることも。また、沈黙を訪れると、面白いことを言って笑わせる方もいますが、そういうキャラでもないのに、沈黙が怖くて無理して“沈黙の特攻隊長”になろうとすると、あまりうまくいかず、逆に場が白けてしまうこともあります。
沈黙をどうにかしようとすると、“失言”にも繋がりやすく、発言しても損こそすれ、得はしにくい……ということですね。

「黙れること」は恋にも有効!?


また、沈黙が苦手だと、恋愛の場面でもマイナスに働くことがあります。例えば、出逢いの場において。異性との会話中、沈黙のタイミングが訪れると、気まずいと感じ、焦ってどうでもいい情報を喋り始めたり、無配慮な質問攻めにしたりして、相手をうんざりさせてしまうような方もいます。沈黙に焦る態度を見て、「気遣いから発言しているのだろうな」、などとプラスに捉えてくれる人は少数だと思いますので、これでは“喋り損”ですね。

このように、沈黙に弱い性格は、あまりプラスを生まないことも多いので、できるなら、“沈黙に強い人”になりたいもの。苦手意識を克服するためには、「沈黙を怖がらなくてもいい。おしゃべりが楽しく盛り上がったら、皆がふと一息いれる時間も必要なはず。相手が黙ってしまっても、特に表情が曇ったりしていないのであれば、無理して喋らなくても、居心地よく感じているのだろう」……そんな風に考えるようにすると良いかと思います。

関連記事