「元カノとの思い出を捨てられない」「過去を振りかえりたい」思い出を再利用したい男たち

彼氏の家や部屋に行ったとき、たまたま元カノの写真や、昔の手紙を見つけてしまったことはないだろうか? またどう考えても彼氏の好みや趣味ではない小物や服……『絶対コレって他の女だか昔の女からの贈り物だよね? という確信アリ』的なものを発掘してしまったことはないだろうか?

男性は彼女と別れようがそのあと新しい彼女ができようが、意外と元カノの写真を後生大事にとっておいたり、携帯にずっと保存していたりする。
先日、飲み会でもうすぐ40に届く男性が酔った勢いで(酔ったフリして?)元カノの写真を披露。しかもそいつは今キチンと付き合っている彼女がいる。
「コレ俺の一番好きだった女~」とスマホ画面を見せ、更には「いい女だろ~」とほざいていた。
「も~今ちゃんと彼女いるんだからそんなのもう消しなさいよ!」と女子からは批難の声があがったが「これは俺の人生の大切な一部」「俺の足跡だ」とかいって捨てる気配まったくナシ。
また写メなどを保存しているだけでなく同棲したり結婚するに至っても昔の彼女とのアルバムや元カノからもらったプレセントなどをとっておく。捨てられないならせめて実家に置いてくればいいのだがその思い出ごと運んできてずっと持ち続ける。
過去、長年に渡り付き合っていた女性との思い出の品一式を捨てられず、でも奥さんと暮らす新居には持っていけないので倉庫を借りてまで保管している人がいるという話もきいたこともある。
思い出をとっておきたい気持ちもわからないではないが、そんなに執着しなくても……。
ま、自分だけでこっそり思い出に浸るならいいが、その元カノとの思い出の数々を今のパートナーや彼女に見つかってしまったら……?

私はそのお陰で窮地に追い込まれた男性を知っている。
それはこんなエピソードだ。

「これは自分が社会に出て数年くらいたった頃でしょうか……。
当時は友達の飲み会で知り合った1つ年下の彼女がいまして、半年程付き合っていました。

EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ