売れ残り女子急増“私の出会いはどこにある?”“自力ではもう無理?”

未婚者が増加していることなど既に誰でも知っていることだろうが、アラサー女子が100人いたら5年後に8人しか結婚していないという事実を知っているだろうか? なんと5年後に“たった8人”しか結婚できないのだ! アラフォーになればさらに結婚できる数字は減ってくる。

2005年の国勢調査を見れば、わずか20年間に未婚率が急上昇しているのは一目瞭然。2005年時点で、30代前半の男性の半数が独身(!)。2000年に30~34歳だった人で、5年後に結婚できた男性は43%‐31%=12%、女性は27%‐19%=8%。
つまり、30~34歳の女性100人がいたら、5年後にわずか8人しか既婚者は増えていない計算となる。(※男性は100人いたら5年後に12人)
未婚率はさらに悪化し、一生独身という人は2030年に、男性の3人に1人、女性の4人に1人と予測されているという話である。

急速に高まる日本の未婚率は時事問題!


アラサー女子100人が5年後に“たった8人”しか結婚できない……。この数字はさらに加速してそのうち6人となり4人、2人……と減少していくと思われる。

『いつかは結婚できる』『適齢期になったら、いい年になったら結婚できる』はもう昔の話。結婚できるのが当たり前、結婚するのが普通の時代は終わったのだ。

もちろん家庭の事情があるとか何らかの状況で結婚しない人もいるだろう。また独身を貫き通したい、結婚したくない、結婚は自分には必要でない人はともかくとして自分の意志に反して望んでいるにもかかわらず“結婚したくともできない”のは大きな問題である。

アラサー結婚した人はどこで出会った?


「なんで結婚ができないのか?」「自分は何故結婚できないのか?」と聞くと、大抵の女性はこう答える。

「出会いないし~~」「縁がないのよね」

しかし、実際結婚している人たちはいる!! では結婚してる人は結婚相手やパートナーとどこで知り合っているのか?

EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事