独身理由にも多い!? 「寂しがり屋の一人好き」の正体とは

「寂しがりだけど、一人が好きなんだよね」という男女、皆さんの身の回りにはいませんか? 独身やパートナーを作らない人のなかにも、こうした性格理由を述べる人は多くいます。「自分が寂しいときだけ、他人と一緒にいたい」という、ちょっぴり身勝手な意味で使っている人もいるでしょうが、「寂しいと感じるのに、どうして自分は一人でいようとしてしまうんだろう?」と自問自答してしまような人もいるはず。著者も10代の頃そう思ったことがありました。「寂しいとは思うけれど、一人でいるのは嫌いじゃない」という心理は、一見矛盾しているようで、どうやらそうでもない様子。詳しくご説明しますね。

「寂しさ」「孤独感」にも種類がある


人が「寂しい」と思うのは、「物理的にひとりで過ごしているから」という場合だけではありません。青年心理学の分野で孤独を研究している落合良行氏は、寂しさ、いわゆる「孤独感」には以下4つのタイプがある、と述べています。自分がよく感じる「寂しさ」「孤独感」に近いものはどれか、皆さんもぜひ考えてみてください。

(A) 周りに人がいたあと、「物理的に一人」になったときに寂しくなる。なんとなく寂しいのだ。
(B) 周りに人がいても、心が通じ合わないので寂しい。でもこの世のどこかには、真に分かりあえる人がいるはず。
(C) 人は結局一人。根本的に分かりあえることはないだろう。そうした思いがあるので寂しい。
(D) 人は皆一人だ。寂しいがまったく分かりあえないわけではない。理解しあう努力をしたいと思っている。

どれも何となく“わかる”孤独ですよね。A型の孤独は、もっともシンプルな孤独感。「なんとなく寂しい」という感じで、例えば家族がみんな旅行に出てしまったので寂しいとか、旅先で一人寝をする瞬間に寂しくなる、といった感覚です。
B型はもう少し複雑です。周りにたくさん人がいても、自分を分かってくれる人がいない、心が通じる人がいない、と思ってしまう。「人はそれぞれ違う」という意識がなく、心のどこかで「理想的な理解者」を求めているため、それが得られない寂しさを感じているのがこのタイプです。

EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ