予備軍も注意! 「会話のない夫婦」になってしまう理由と対策

「夫婦の会話がない」「旦那(妻)と話すことがない」というのは、よく聞かれる夫婦の悩みのひとつです。昔は仲が良かったのに、なぜそうなってしまうのか。子どもが生まれた、忙しくて時間がない、といった環境による影響も大きいですが、「コミュニケーション」の側面から考えてみると、これには大きく分けて2つの理由が考えられるかと思います。結婚前の方も、ぜひ将来のためにご一読あれ!

「相手の興味のない話題」をしている可能性あり!?


夫婦の会話がなくなっていく過程には、「相手の話していることがつまらない」「話す内容に興味がない」という前段階があることが大半です。恋人時代はお互いに配慮や気遣いをしあって、自然に一緒に楽しめる話題を探したり、それほど興味のない話でも聞いてあげたりしていたはず。でも結婚後、いつの間にかそうした気遣いがなくなった結果、会話がなくなってしまいます。

相手が興味を持って聞いてくれない話は、誰だって延々とはしたくないし、できないもの。女性がいる外のお店などに旦那さんが飲みに行ってしまう理由には、性的関心だけでなく、「自分の話をニコニコ聞いてくれるから」という点が非常に大きいと聞きます。「それじゃ、退屈でも相手の話を聞けばいいの?」ということになりますが、そうではなく、お互いに相手の興味のない話を延々と話さないよう、配慮するのがおすすめです。

例えば、難しい仕事の話をしたい旦那さんと、近所のママ友の話をしたい奥さんがいたとして、自分のしたい話ばかりをしようとすれば、うまくいかなくて当然ですよね? パートナーが興味のない話題は別の友達や同僚とするとして、夫婦で話すときには、できるだけお互いに興味が持ちやすい話題を選ぶと◎。同じ仕事をしていたり、共通の趣味があったり、共通の知人友人が多い夫婦は、自然にお互いに興味のある話ができるので、こうした面では強いかもしれません。

「共通の話題がまったくない!」という夫婦の場合は、できるだけ一緒に行動する機会を増やして、共通の体験を増やすのがおすすめ。「共通の話題より、私のしたい話を聞いてもらいたいの!」と思うならば、相手のしたい話も、ちゃんと同じくらい熱心に聞いてあげること。「つまらない話でも聞いてくれてありがとう」という感謝の気持ちを持っておくと、さらに好循環を生むでしょう。

人格攻撃などで相手の心が閉じかけている!?


EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事