精神科医に聞いた「共依存カップルはアブない!?」

前回に続いて熊代亨さんに婚活・結婚についてお話を伺います。後編では、ちまたでもみかける「共依存カップル」についてお話を伺いました。

共依存はアブない!?


―― 「共依存カップル」とは何でしょうか。

熊代 片方が「ひたすら愛したい・養いたい」と思っていて、そのパートナーが「愛されたい・養われたい」と思っているようなカップルです。母親と赤ちゃんの関係は発達に必要な共依存状態ですし、成人の場合は、マンガ『天才バカボン』のバカボン夫妻みたいな関係です。でも、現実はマンガのようにコミカルではないので、世話する側が参ってしまって、世話される側がDV男のようになってしまいがちです。

―― 共依存カップルの問題点はなんでしょうか。

熊代 【世話する/世話される】を巡る男女関係が、極端になってしまいやすいんです。世話を焼かれる側がどんどん依存的になって、世話を焼く側もとことん世話しがちです。でも、生身の人間には限界があるので、共依存カップルはどこかで破綻してしまいます。これが、母親と赤ちゃんだったらいいんです。親子の力の差がすごく大きいうえ、赤ちゃんは未発達なので母親の欠点にもあまり気づきません。赤ちゃんがむちゃな要求をしてくることもないでしょう。多少欠点のある母親でも、赤ちゃんには十分な母親だと映るので、【世話する/世話される】が自然に成立します。でも、同じことを大人の男女でやったら、世話する側の欠点に気付いちゃいますし、世話する側にむちゃな要求をすることだってあるわけです。拙著『「若づくりうつ」社会』に登場したDさんの症例のように、世話される側が暴力的になったり、ヒモになってしまったりして、「片方が仕事も家事も全部やって、もう片方がずっと遊んでいる」みたいな関係に陥りやすいです。

―― Dさんのような例はなぜ起こるんでしょうか。

熊代 ライフサイクルの初期段階で、養育者に世話されたり愛されたりした体験が乏しいと、【世話する/世話される】【愛する/愛される】に極端な人間になりやすいといわれています。そういう人が求める男女関係は、赤ちゃんと母親のような、欠点の見えない関係です。だから「君とボク」の世界に欠点や手抜きはあってはならないし、完璧に世話する側と、完璧に世話される側による関係を無意識のうちに目指してしまいます。そうやって極端な関係をエスカレートさせていくうちに、パーソナリティ障害みたいな状態に陥る人も見受けられます。

共依存傾向を見抜くコツ


EDITOR

古田ラジオ

1980年生まれ。サラリーマン稼業の傍ら、ブログを書き始め、その後ライターへ。現在は「婚活アナリスト」として「男性からみた婚活」について、主に執筆中

関連記事