遠距離恋愛中の彼氏の気持ち。こんな態度はイエローサイン!

遠距離恋愛というのは、不安がつきものですよね。離れた場所にいる恋人は、今どんな気持ち? 何をしているんだろう?と、心配し出したらキリがない! もしこんな態度を見せたら、心が少し離れ気味かもしれません。イエローサイン、イエローのうちに早く気づいて対処したいもの。さっそく、チェックしてくださいね。

■「仕事が忙しい」
顔を合わせる回数が少ない分、頻繁に連絡を取ろうとするのがラブラブなカップルです。でも気持ちが遠のいていくと、連絡頻度は減っていくのも自然といえば自然。そして毎日だった電話が1日置き、2日置きとなり、やがて週に1度、月に1度……。単に仕事で忙しいからだとしても、やはりラブラブなときは、何らかの連絡があったはず。愛情が冷めたというよりも、あなたより仕事が優先されているわけですよね。これも気持ちが遠のいているサインです。連絡が減った理由を尋ねると、「仕事が忙しいから」、これ一番わかり安い態度ですよ。何かにつけ、仕事を理由にするようになればイエローサイン!

■フラレ待ち
気持ちが冷めつつあると、別れを切り出すのも一大作業。自然消滅が一番楽、メールで済むのならそれも楽。でもそんな、簡単に話が進むわけがありません。誠意として一度時間を作り、会って話すべきだと考えながらも、その手間が煩わしいのです。そこであなたのほうから別れを切り出してくれるような、状態に持ち込むこと。「これがフラレ待ち」です。先に書いた「仕事が忙しい」と言い続けるのも、ひとつのフラレ待ち手法。ほかに、あなたの話がつまらない、あなたのその言い方が気に入らない、と非を責めることで怒らせるパターン。逆に「関係を続けていく自信がない」とぼやくとか、うそでも「この間、別の異性と関係を持った」「部屋の掃除をしてくれる子ができたので便利」などと悪びれず告白。あくまでも「だから別れよう」と、結論を発しないのが見極めポイントですね。あなたが別れを切り出してくれれば気がとがめず、責任回避にもなるのです。

■素気ない

関連記事