あなたの妻は大丈夫?「“平日昼顔妻”になるかも知れない女性」の特徴

昼顔妻ってなに?


最近、「昼顔妻」なる言葉が流行している。平日の朝に夫を送り出したあと、昼に他の男性と不倫する主婦の総称のことだ。「昼顔妻」はカトリーヌ・ドヌーヴ主演、1967年制作のフランス・イタリア合作映画「昼顔」が語源で、フジテレビ「ノンストップ!」の番組で取り上げられたことから注目され火が付いた。

「昼顔妻? まさか~、ウチのに限って……」

「ウチの嫁にそんな色香があるわけない。ムリムリ」

……だが決してそうとは言い切れないのだ。

今「昼顔妻」をテーマとしたドラマが話題を呼んでいる。フジテレビ系列局で「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」が7月17日(木)に放映され、初回の平均視聴率は13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と同時間帯でトップを記録し、世間の「昼顔妻」に対する注目のほどが伺える。このドラマでは平凡な主婦・笹本紗和を上戸彩、紗和をそそのかし不倫の道へと誘う美貌の女、滝川利佳子を吉瀬美智子が演じている。

「昼顔妻」は決してひとごとではない。あなたのそばにいるかもしれないのだ。そんな「昼顔妻になるかもしれない女性」を2タイプに分別してみた。

満たされないから浮気する・夢追い人“紗和タイプ”


ドラマで上戸が演じる笹本紗和は、結婚5年目のさえないパート主婦。夫との仲は悪くないがセックスレスで子供はない。精神面は安定しているとは言えず、意外と変なところで意固地でもある。紗和のような女性はいくらでもいる。現状への不満をくすぶらせ、何かのきっかけさえあれば不意に落とし穴へ落ちてしまうタイプ。私の周りにも、彼女のような女性がひとりいた。

……A子は37才。研究室で働く夫とのあいだに2人の娘をもうけ、傍目にはごく幸福そうに暮らしていた。男性経験がほとんどなかったA子は、出会った当初から夫にベタ惚れだった。

「彼以外となんて考えられない。彼と結婚できなければ死ぬ!」などという勢いで、それまで控えめでおとなしかった彼女は周囲を驚かせながらもゴールインした。しかし、その思いが逆にあだとなる。A子は結婚してからもなお、夫に恋人時代そのままの愛情を求め続けた。

EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ