「結婚して良かった」「こんな旦那でも居てくれてよかったな」と思えることとは?

一緒に生活をともにしていれば、夫にイライラすることや不満はつきもの。それでも時には
「やっぱり居てよかったな~」とか
「結婚しててよかったな~」などと、ふと思えるのは既婚者の特権。

意見の食い違いやけんかがあろうとも、普段はぐうたらで気の利いたことやサプライズをしてくれなくとも
「あんな旦那(パートナー)でもいると便利だわ」
「やっぱり男手は必要だわ」
――と思う瞬間があるはず。

そんな「結婚してよかった」「夫がいて良かった」と思える瞬間やエピソードを女性たちにリサーチしてみた。

●愚痴を聞いてくれる
・「夫がいてよかったと思えるのは、たとえ悲しいことがあっても、夫の丸くてデカい腹を触っていると不思議と落ち着く時です(笑)。うちの夫のいいところは、私が愚痴を言っても批判せず、“私の味方”になってくれることです!」

・「結婚して良かったと思えるのは『ねー、どーしたらいい?』っていつでも聞ける相手が居るということ! つらいことがあっても寄り添ってくれるってことかな?」

・「ママ友とのイザコザも仕事の愚痴も全部聞いてくれます。時々、冷静にアドバイスしてくれて、その通りにすると解決することもあるので、男性目線の意見もだいじですね」

――ダントツの回答はコレ。
旦那がいて良かったと思うことは「凹んだ時に慰めてくれる人がいる」「愚痴を言える相手がいる」ということ。
また女同士では得られない提案をしてくれたり、偏りのない意見がもらえるということも利点。

●やはりイザというとき頼れる
・「娘が小学校で同級生の男子からいじめにあっていたんですが、夫が娘の話をよく聞いて、娘がされたことを記した手紙を冷静に書き学校側に抗議してくれました。その男子は先生にみっちり絞られたそうです。それっきり意地悪はしてきません。こういう対外的な戦いのシーンで、率先して話し合いをしてくれるので非常に助かります。私だけだったら娘を慰めるだけでオロオロしていたかも……」

EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事