なぜ「次の恋」がうまくいかない? 失恋後に悪循環にハマってしまう理由

失恋の特効薬は、新しい恋。できるだけ早く新しい恋人を作ったほうが立ち直れる……なんて話はよく耳にしますよね。しかし大きな失恋をした後、次の恋がなかなか始まらなかったり、順調に関係が進まなかったり、という悪循環にハマってしまうケースもよく見られます。これはなぜでしょう? 心の側面から見ると、2つの理由が考えられます。

(1) 失敗恐怖が次の失敗を起こす!? 〜『ハウリング効果』〜
失恋後、自ら恋愛行動をすることに臆病になってしまう人はきっと少なくないことでしょう。失恋経験は「二度とあんな風に傷つきたくない」という“怖れ”の感情を生み、その怖れは“弱気”を生み出し、徐々に人は消極的態度を身に付けてしまう。そのうちに、行動する前から「また今回も失敗するに違いない」「どうせ私はダメだから」といった感情が無意識に働くようになり、結果、そのとおりになってしまう……という悪循環を人は起こしやすいことが知られています。

このような“失敗を怖れる感情”がもたらす悪循環を、心理学では『ハウリング効果』と呼んでいます。恋愛に限らずですが、何らかの失敗をしてしまったときに、いつまでもクヨクヨしていると、次に同じ場面に出くわしたとき、同じミスをしてしまいやすい……ということですね。

これは、過去の失敗が意識下でマイナスの方向に“強化”されてしまうのが原因です。わかりやすく言うならば、「同じ過ちをしたくない」「失敗したくない」とばかり考えてばかりいると、脳内で「失敗の記憶」が何度も呼び起こされてしまい、その記憶が行動を支配するようになる……ということですね。

失恋に至った原因を考え、反省し、次の教訓にすることは大切ですが、前の恋を考えすぎるあまり、次の恋でも失敗しやすくなってしまうなんて絶対に避けたいですよね。ということで、過去の失恋には、できるだけ長く浸りすぎず、「忘れること」に努めるのがベスト。失恋で長くクヨクヨしている友達がいたら、一緒に原因を探るより、「クヨクヨしていると、次もうまくいかなくなるよ!」「そのまんまのあなたに合う相手が絶対にいるから。次、次!」なんてハッパをかけてあげたほうが、結果的にいい相談になるかもしれません。

(2) 「相手選びの基準」がぶれるから

関連記事