ハロウィンが日本で流行するようになった意外な理由

いまや日本人の間でも定番イベントとなっている、10月31日の「ハロウィン」。仮装をして街に繰り出す、ハロウィン女子会を行うといった人も増えていますよね。
 
もともとはアメリカの子供がお化けの仮装をして「トリック・オア・トリート!(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!)」と、大人からお菓子をもらいに行くイベントでしたが、日本では、もはやそれとは全く異なる爆発的な盛り上がりを見せています。
 
商店街やデパートがハロウィン専用グッズ一色になるだけではなく、多くの人がハロウィンパーティを開催し、渋谷のセンター街は仮装をした人々で埋め尽くされ、知らない人同士でもワイワイと盛り上がる……このように、特に若者たちの間で、お祭りに近い一大イベントになっているのです。
これを不思議に思う人も多いかと思います。
 
なぜかと言えば、10年前はハロウィンなんてこんなに盛り上がっていなかったから。皆その存在は知っていて、お菓子を配ったり、かぼちゃを食べたりはしていたものの、ここまでではなかったはず。ここまで盛り上がり始めたのは、この3~4年の出来事です。
 さて、ハロウィンはなぜ若者たちの間で、突如このような盛り上がりを見せ始めたのか。それについて、考えられる理由を3つご紹介しましょう。

1、Facebookが大流行


皆さんご存知のFacebook。月に一度でもアクセスするユーザーの数は現在、世界で約13億人に上ると言われています。当然、若者たちも利用しているFacebookですが、最近その使い方にある傾向が見られているようですね。
 
Facebookのユーザーたちは、自分がいかに「楽しくて充実した生活」を送っているかをFacebook上で人々に見せようとします。例えば、素敵なカフェで友達とお茶をしたら、その様子を写真でアップ。野外フェスなど大きなイベントに行ったら、大人数でイベントを楽しんでいる様子をアップ。海外の友達が出来たら、すかさず英語でやりとり……などなど。

関連記事