けんかを別れにつなげない! 円満な仲直りへと導く気持ちの持ちかた

男と女はまるっきり違う生き物ですから、ケンカは避けて通れません。感覚や感性が違うために、ケンカまで行かなくても、イラッとしたり摩擦を感じたり。そこで思わず、感情をぶつけてしまいますよね。冷静ではない状態で発した言葉は、乱暴なので相手を傷つけます。でも口にしてしまった以上、後には引けません。そこで、円満な仲直りへと導く方法を考えてみましょう。

とにかく冷却期間を置く


感情的になっている時は、頭も心もヒートアップしています。いわゆるカッとなった状態。そこで相手を思いやる言葉など、かけられるはずがありません。自分の気持ちを伝えることすら、上手にできていないのです。だから頭を冷やす、これが一番手っ取り早い方法! もしも、とり返しのつかない言葉を発してしまったら、それこそ別れへと加速します。その言葉を言わないためにも、しばらく会わない時間を作りましょう。1日経つだけでも、急速冷却。うそのように怒りの感情が収まるときもあるのです。でもあなたはそうでも、相手はそうとは限りません。念には念を入れて1週間、1カ月など、ふたりの状況に見合った期間を置きましょう。いつの間にか、「謝りたい」「このままだったらどうしよう」という気持ちが湧いています。これがふたりを、素直にさせるのです。

気持ちを文章にするだけで、心が晴れる


ケンカをした後、顔を合わせるのって気まずいですよね。言い過ぎたのはわかってるけど謝れない。または、言うだけ言ったのはいいですが、まだ不完全燃焼。不満は全部ぶつけ切っていない気持ち悪さが、残っている場合もあるでしょう。それを手紙やメールで、丁寧につづってみて。まず、あなたが自分の気持ちと向き合うこと、これが大切なのです。書いているうちに言動の矛盾が見つかったり、自分にも当てはまるかも? という部分も見えてきます。

そうなると、自分を棚に上げて恋人を責めるなどできませんよね。もし、冷静になって考えたときでも相手の悪いところしか考えられないようなら、そこに愛はありません。別れた方が賢明です。でも、愛しているのなら、仲直りしたいはず。素直に「ごめんなさい」も言えるようになります。自分の気持ちをすべて書きだしてみると、それだけでかなり気持ちが晴れますよ。相手に送るつもりで本音をつづり、書いた後スッキリしたので削除する。もちろん送信しても構いませんが、なぜか書き終わると照れくさいような、自分が小さく見えてくる気がして、送る気が失せるんです。いつの間にか自己解決できていますよ。

何ごともなかったようにいつも通り過ごす


関連記事