やっぱり基本が大事。モテる女性は「悪口を言わない」

先日、友人の女性が瞳をきらきらさせて教えてくれました。「モテる女の子って、本当に悪口言わないんです!」
 
「悪口を言わない人は好かれる」。一見、ごく普通のなんでもないことのように思えますが、実は非常に難しく、そして重要なことなのです。その友人曰く、ある女性の飲み会の場での振る舞いが、とても独特で、印象的だったのだとか。
 
その女性はとても明るく元気で、おとなしすぎず、でしゃべりすぎず、バランスのいい性格。そのため皆から好かれる中心的存在なのだそうです。声も非常に大きく通っていて、よくしゃべり、好印象。
 
飲み会でも、今日したこと、最近会った面白いことなどを、その軽妙な語り口でテンポよく話します。みんなが黙ってしまった気まずい沈黙のときに、その沈黙を破って話し出したりするのも彼女。
 
その彼女の印象的な振る舞いは、皆が「悪口」を言い始めるときです。飲み会の後半、いつも通り女性たちがそこにいない男性や、上司の悪口を言い始めたとき、それまではたくさん話していた彼女の口数が徐々に減り始めました。
 
みんなが盛り上がっている一方で、彼女はなかなか口を開くことなく、ただ、笑ったり、「へえ、そうなんだ~」と適度な相槌を打ったりしてだけいたのだそうです。
 
ここで非常に重要なのは、一緒に悪口を言ったり、共感したりはしない。けれども、黙りこくったり、悪口を否定したりはしない、という彼女の態度です。
 
もしあなたが、誰かが言っている悪口に対して、思っていなくても「そうだよね~」とか「たしかに」と少しでも乗ってしまうと、どんどん尾ひれがついて「あの人、○○さんの悪口を言っていたよ」という風になってしまいかねません。本当は言っていないのに(何なら悪く思ってもいないのに!)共感しているような適当な相槌を打っていたばかりに、そんな噂を流されてはたまりません。
 
しかし反面、悪口になった途端黙りこくったり、「そういうのってよくないよ!」と突然正義感を振りかざしたりしだすのも難しい。正論ではありますが、その場にいる人々から嫌われてしまいます。

関連記事