妊娠、駆け落ち、そして裏切り……「不倫」にハマった女の末路

どうもこんにちは。ゲイライターの渋谷アシルです。

突然ですが、“不倫”の経験はありますか? 憧れの上司との禁断の恋、バッタリ再会した同級生との秘められた関係。こうして文字にしてみると、ほんの少しの背徳感も相まって、ドキドキと胸が高鳴るような……。
でも、ちょっと待って!

当たり前ですが、“不倫”の恋が幸せな結末へと結びつくケースは稀(まれ)です。たいていは燃えるような恋の後に残るのは、燃えカスになってくすぶっている自分。それでも相手のことが忘れられなくて、何年も普通の恋ができなくなってしまうということもありえます。そこで今回は、ぼくの友人を例にあげ、「不倫にハマった女の末路」をお届けします。

“上司と部下”の関係が、いつのまにか“男と女”に……


ぼくの友人であるカナさん(仮名)は、20代後半から30代前半にかけて、ひとりの男性との“不倫”に身をささげてしまった女性。彼女の不倫相手は、職場の上司でした。

営業職としてバリバリ仕事に燃えていたカナさんはさんは、あるとき、仕事の悩みを上司であるAさんに相談するように。当時のカナさんは男性顔負けの働きぶりで、それゆえに社内でのやっかみや風当たりが強かったそう。それを真剣に聞いてくれ、時には力になってくれたのがAさん。だからなのか、ふたりの関係性が、“男と女”に変わるのに、そう時間はかからなかったんです。

でも、相手は既婚者。このまま関係を続けるわけにはいかない……。カナさんは毎日のように悩み、あるとき、別れを決意しました。ところが、そのときに発覚したのがカナさんの妊娠。相手はもちろんAさんです。

カナさんは、コッソリ堕ろすことも考えましたが、事実だけは知っていてほしいと、Aさんに打ち明けることに。するとAさんは覚悟を浮かべた表情で、こう言ったのです。「一緒に逃げよう」。

会社を辞め、駆け落ちを決意。ところが、土壇場で裏切られたカナさん


駆け落ちする――。そう決意したカナさんは、飛行機のチケットを取り、駆け落ち先での家も確保。あとはふたりで逃げるだけ。その先には、幸せな生活が待っている。そう思っていました。

関連記事