浮気をしても「彼が思わず許してしまう」女子の言動4パターン

浮気をテーマとしたウェブコラムが相変わらず大人気なようです。
今回は、浮気をしても彼が思わず許してしまう女子の言動についてお届けしたいと思います。お話は、浮気を許してくれたご経験のあるかわいらしい(?)何人かの女子にお聞きしました。
さっそくご紹介しましょう!

1:ウソだとバレていてもウソをつきとおす


「浮気がバレていても、絶対そんなことしてない! とか、友だちと朝まで一緒にいただけなのに! など、とにかく見え透いたウソでもつきとおすと、男性ってわりと『ああそうなんだ』と納得してくれますよ」(24歳・ネイリスト)
ひとを観察するプロである小説家の何人もが「ウソをしれっとつきとおせるのは女性の特権である」と、著書のなかに書いてあるので、この方法はおそらく「ホントに正しい」のでしょう。

2:ぶ~たれて泣けばすべてはOK!


「浮気がバレたら、『なんでそんなこと言うの?』と、ぶ~たれて泣けば、彼は許してくれます。許すというか、彼のアタマのなかでは、私の浮気はなかったことにしているみたいです」(27歳・電鉄会社派遣OL)
昔から言われているように、女の涙は最強ということでしょう。3歳くらいからこの手法を使っている女子もいますから、もう男子はかなわないですよね。

3:カラダで勝負!


「彼に浮気を疑われたら、その日の夜は彼とエッチします。エッチのとき『ね、あなただけなんだよ』と言えば、わりと翌朝からなにもなかったふうになります」(23歳・アパレル)
浮気を疑っている男子って、ホントに誠実でマジメなひともいれば、「おれも同じようにおいしい思いをしたい」と思っているひともいるので、こういう手法も「あり」なのでしょうか。なんか騙されているような気もしなくはないですが。

4:彼が謝ってくるまで無視する


「彼が『君の浮気を疑ってゴメン! 君はなにもしてないよね』と謝ってくるまで無視し続けます。ホントはわたし、浮気したんですけどね(≧▽≦)てへぺろ」(25歳・モデルのタマゴ)
へい!

いかがでしたか?
いろんな考察が可能な証言が4つ並びましたが、上にご紹介したとおり、先輩諸作家に敬意を評し「ウソをつくことは女子の特権である」という結論にしたいと思います。一般的に言って、女子のほうが舌が長いですしね。
(ひとみしょう)

関連記事