モテない、結婚できない、好かれないの三大苦を抱える「ゴシップ系女子」

全国の女子共通でついやってしまいがちなことといえば「うわさ話」。
でも、うわさ話なんて、すればするほどマイナスに働いてしまうというのに、そのことに気が付いている女子は少ない。もちろん男性ウケも悪いが、会社や、友人間のコミュニケーションにまで災いをもたらすこともある。「ゴシップ好き」がもたらす3つの大きな害をご紹介したいと思う。

ブスになってモテなくなる


筆者の前職での同僚たちはとにかくゴシップ好きだった。表面的に仲良く話していてもその人がいなくなったとたんに陰口が飛び交うことは当たり前。明るい言葉やポジティブな志向で毎日を過ごしていると、その人の雰囲気も明るくするし、やはりどんどん綺麗になっている。しかし、ネガティブなことばかり口に出していると、どんどんブスになっていく。そのため、前職で他人のうわさ話ばかり楽しんでいた人達はどうかんがえてもモテなさそうなメンツばかりだった。

「紹介」がなくなり結婚できなくなる


ゴシップ好きが結婚できなくなるのはひとえに、周りの人に「信用してもらえなくなる」から。結婚した幸せなカップルに出会いを聞くと「友人の紹介」と言う。ただ、考えてみてほしい。噂や陰口ばかり言う女を誰が自分の友達に紹介しようと思うだろうか。信用してもらえない人は、結婚相手になりそうな人を「紹介してもらえない」。そりゃ陰口を叩くわ、ゴシップばかりに興味を持つ人を紹介するのは誰だって嫌だろう。ゴシップを胸の内で暖めるたびにあなたの人生は孤独で冷たいものになってしまうだろう。

自分のこともネタにされそうと思われれば付き合いも遠くなる


いままで知り合ってきたなかでプツリと連絡が途絶えた人はいないだろうか? それはあなたのゴシップ好きにあきれてしまったサインかもしれない。ゴシップ好きはとにかく人から「ネタ」をとろうと必死にあれこれ詮索するが自分のことは絶対に話さない。そもそもそれはコミュニケーションとも呼ばないし、会話とも呼べないのでやはり不愉快になるだけ。事情聴取かのような付き合い方をしてしまえば、自然と距離もできてくるものだ。

EDITOR

エルメス

元タレント。女性ファッション誌やWEB媒体でファッションと恋愛について執筆中。サブカルを愛し、様々なジャンルに精通。刺激のある所にはいつでもいる女

関連記事