見習いたい! 結婚後も“ベタ惚れ”されている女性の特徴5つ

「結婚後も、末長く幸せな日々を送りたい」というのは、多くの女性の願いですよね。しかし科学的にも証明されているように、恋愛モードは徐々に落ち着いてくるのが普通。次第に“空気のような存在”になったり、仲が冷え切って一緒にいる意味がわからなくなったり……というケースも少なからずあるのが現実ですが、結婚後、以前にも増して旦那様にベタ惚れされている女性たちもいます。彼女たちにはどんな特徴があるのか。意外なその共通点を探ってみました。

(1)男性にあまり「小難しい要求」をしない


まずひとつ見受けられるのは、男性に対してあまり小難しい要求をしない、という点。男女の違いをいい意味で受け入れているのか、彼女たちは「女心を分かってよ!」というような主張もあまりしません。「男の人は基本的に楽しいほうに行きたがるからね〜(笑)」と語る奥様もいましたが、喧嘩しても、男性が逃げ出したくなるような攻撃や追い詰め方はしない。心に余裕があるからこそできる態度かもしれませんが、こうすることでますます旦那様に愛されて、心に余裕が生まれる。そんな好循環が起きていると言えそうです。

(2)「おまかせ上手」「手抜き上手」である


また彼女たちには、こんな特徴もあります。よく言えば「頼り上手」で「おまかせ上手」、言葉を変えれば「ほどほどに手抜き上手」で「楽するのも上手」という一面です。料理に掃除、稼ぎや子守の面でも、何でもかんでも「私がきちんとやらなくちゃ!」と頑張りすぎず、旦那さんに上手に任せています。女性が先んじてやってしまうと、男性は「やってくれるからいいや」と甘えてしまうこともあるでしょうし、男性も素直に頼ってもらうこともあったほうが、嬉しいし、やりがいも感じやすいのかも? 優等生タイプや努力家の女性は、この点ぜひご参考あれ。最初から少し肩の力を抜いて頼れる相手を選ぶと、うまくいきやすいかもしれません。

(3)自分が「心地いい」と場所や人を選んでいる


関連記事