好きの反対は無関心。別れが近づいているカップルのサイン5つ

付き合っていて「最近、なんだかうまくいかないな」と思っていても、ケンカしているとか口論になっているならまだ大丈夫。本当に気持ちが冷めてきたら、ケンカどころかどうでもよくなります。無関心になるんです。無関心のサインを見極めて、不毛な交際には終止符を打ちましょう。

話が盛り上がらない


最初の頃は、あれだけ会話を盛り上げようとしてくれていたのに、今では話がブツブツ途切れがち。目を見て受け答えをすることもなくなり、目の前で携帯をいじってばかり。まるで校長先生の朝礼の話でも聞いているかのように、退屈そうな表情。それでなくても男性は女性の話を聞くことが、面倒だと思っているフシがあります。今までは愛があるから話を聞けていましたが、愛がなくなればそんな素振りすら必要ないでしょう。嫌ってくれてかまわないからです。

何も尋ねてこなくなる


あなたがどこへ行こうが、誰と出かけようが興味ありません。だから「今週末はちょっとパーティーに行ってくる」などと言っても、「そう」と受け流されるだけ。帰りが遅くなっても理由は聞かれないし、しばらく連絡しなくても、「どうしたの?」なんて言われません。寂しい限りですが、気持ちが冷めるとこうも興味がなくなるのかと、面白いくらいに無関心になれるのですから不思議です。

SNSにも無反応


今までならあなたがブログを更新すれば、彼はすかさずチェックして「あの料理、美味しそうだったな」と感想を述べてくれていたはず。少なくとも「読んだよ」という雰囲気は、見せてくれていました。しかし無関心になってくると、当然興味がなくなりスルーが普通に。イイネをする回数も減ったし、やがてブログが更新されたこことすら気が付かなくなくなるでしょう。最近のあなたがどんな「なう」であろうが、関係ないのです。

スケジュールを話さない


交際当初はスケジュールを前もって話し合っておき、デートの日を決めていました。しかし無関心になってくると、スケジュールを話さなくなります。今週彼が忙しいのかどうか、あなたは知ることができません。もしあなたが尋ねても、「まだちょっとわからないな」とはぐらかすだけ。これでは自分の予定も立てられませんから、困る! と打ち明けたとします。すると彼は「あ、先に予定とか入れちゃっていいから」と、会う気ゼロ。このまま関係は風化していく可能性が大です。

バレバレの嘘をつく


EDITOR

鈴木ナナ/studio woofoo

お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事