買い物デート中の男性の本音って? けんかをせずに楽しむコツ!

今年のゴールデン・ウィーク、カップルで買い物に行った方も多いことだろう。お互い、楽しい時間を過ごせただろうか。かく言う筆者は、かつて休日のたびに彼女とショッピングに出かけては、「なんだかつまらなそう」「あくびばかりしている」と注意されていた。

だが注意されても、努力次第でどうにかできることではなかった。どうしても彼女と同じような感覚で買い物を楽しむことができない。そもそも「買い物」において、お互いの意識が完全にズレていることに気づいたのだ。

今回は、買い物で男性を退屈させない方法を紹介する。買い物デートで彼氏とけんかになってしまった女性は、よくよく反省しながら読んでいただきたい。

男性は、買い物中も彼女にかまって欲しい


買い物デート中、女性が彼氏を放置してしまうことはよくある。ひどい場合、彼氏を店の外で2時間以上待たせている女性もいると聞く。

「私はそこまでしないからマシでしょ」と筆者の彼女は言った。それでも、買い物中に彼女が意識向けている先は、商品に対してほぼ100%。筆者に話しかけることもなく、黙々と品物選びをしていた。

男性は、買い物中でも彼女に対して意識を傾けているものだ。それなのに相手にされなければ、あくびだってしたくもなる。

それを注意され、「あなたは自分が欲しいもの無いの?」と言われも、男性は困惑するしかない。デートのはずなのに、「私にかまわないで、自分の欲しいものを選んで、ひとりで過ごしてなさい」と言われているようだ。この瞬間から男性にとっての買い物デートは、ただの「付き添い」へと成り下がる。

そもそも男性は、欲しいものがあれば自分一人でも買いにいく。せっかく彼女の買い物に付き合わせているのであれば、男性自身の買い物のことなんて二の次で考えてもらいたい。それよりも、彼女の補佐役として振る舞えるよう、ちゃんとかまってほしいのだ。

だからこのとき彼女として言うべきことは、「私がどれを買ったらいいか、あなたも選んでみて」だ。女性の買い物に選びに加えてもらうことで、男性は初めて買い物を「デート」として楽しむことができる。

かまってやれないなら、いっそ無理に付き合わせず別々の店へ別れる


関連記事