友達に「そんな男、やめなよ!」と言われたとき、考えたい4つのポイント

恋愛がうまくいっていない。彼氏に悪い意味で振り回されているようだ。そんな話を聞くと、女性は大体「そんな男やめちゃいなよ!」とアドバイスをしますよね。親身に思うからこその意見ですし、不安でつらい状況だと、そうした言葉に慰められる部分も大きいものですが、あまりうのみにしすぎていると、それによって余計に恋愛がうまくいかなくなる例も見られます。そこで本日は、恋愛相談で友達に「そんな男やめなよ!」と反対されたときに、一度考えてみるといいポイントをご紹介します。

(1)その恋話は、「自分フィルター」で歪曲しているかも?


まず覚えておきたいのは、その恋愛について友人に説明しているのは、最も主観的な“自分”だということ。実際に起きた出来事や発言をすべて伝えるのは無理なので、友達には、一部の“断片”をチョイスして話すことになります。しかし、自分の心にはどうしても「真実はこうあってほしい(ほしくない)」という気持ちがあるため、友達に話す内容のチョイスも、その内容自体にも主観が入り、歪曲してしまいがちです。

つまり、友達というのはこちらの“フィルター”のかかった偏った情報しか知り得ないため、誤ったアドバイスをしてしまう可能性もある。本当に有意義なアドバイスが欲しいならば、相当な客観性を心がけ、他人事を話すくらいの意識を持って、事実だけを伝えるようにしましょう。

(2)恋心を抑えて会ってみると、自分で違和感に気づけるかも?


また、「うまくいかないその恋愛をやめたほうがいいか」について直接判断できるのは、究極のところ、自分だけ。友達に相談する前に一度、自分の感情を徹底的に抑えて会ってみるのもおすすめです。一般的にデートの最中は、「楽しい、幸せ」「私のこと好きなのか不安だな」など、自分の感情に夢中になってしまいがちですが、そうしていると相手の姿は見えてきにくいです。恋心をぐっと抑え、努めて冷静に接してみると、彼の発言やこちらへの態度に何らかの違和感に気付けることもあります。冷静に、かつ五感を研ぎ澄ませて、彼に会ってみましょう。

(3)話すより、“見て”もらうほうが的確かも?


EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ