別れの数=経験?失敗? 「20代のうちに恋愛の数をこなす」ことのメリット・デメリット

30代のある女性から、こんな相談を受けた。
「私はこれまでずっと“今は勉強や仕事に励んで将来のキャリアを築くとき”と、ロクに真剣なお付き合いをしてきませんでした。近頃はようやく生活の基盤もでき、積極的に婚活に励んでいるのですが、経験が少ないためか“男性との付き合い方”よくわからないのです……。若い頃、もっと多くの恋愛をこなしておくべきだったのでしょうか?」

……恋愛より仕事をバリバリこなしている女性にはちょっと“耳が痛い”話ではないだろうか。今回は「若い頃は恋愛を数多くこなすべきか?」について調査してみた。賛成派・反対派の意見を聞きながら共に考えてみよう。

若い頃に恋しないと、歳を取ってからがつらい


・「恋愛は“勉強”と同じ。若くて柔軟なうちにやり方を学んでおくべきだと思う。歳をとれば腰が重くなり、外見もフケて、恋愛なんてめんどくさいことに取り組む勇気などなくなってしまう。……臆病な自分は今でも独身。自戒の意味も込めて、怖がらずにたくさん恋をすべきだと思う」(50代・男性・団体職員)

・「10代と30代の恋とじゃ“トキメキ”が違う。大人になればなるほど『結婚相手としてどうか?』『年収は?』と、相手そのものを“純粋な目”では見られなくなる。忘れられない一生物の恋の記憶や、甘くて切ない思い出って、やっぱり若い頃のほうが持ちやすいんじゃないかな?」(30代・女性・パートタイム勤務)

・「若い頃と歳を食ってからの失恋では、回復力がぜんぜん違う。20代ならたとえフラれても一晩泣き明かしてカラオケで歌いまくればある程度の気力が戻る。でも35歳も過ぎると……その恋に賭けたモノが多すぎるから、半年経ってもひきずったまま……。ヘタすりゃその傷が一生残る。だから傷つきたくない人は、若い頃から場数を踏んで試行錯誤すべき」(40代・女性・アパレルメーカー)

――もし、あなたがたとえ「恋は数撃ちゃイイってモンじゃない」と思っていても、納得できる意見の数々ではないだろうか。人は肉体と同様、心も歳をとる。ツラの皮の厚さと引き換えにみずみずしい感性が失われ、心の柔軟性も失われる。また歳をとった分だけ失恋によるダメージは深く、傷の治りも若い頃よりずっと遅いから、若い時に“免疫力”をつけておかないと、あとでとんでもないことになる……というわけだ!

EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事