半数以上は破局してる!? 社内恋愛を成功に導く4つの秘訣

『働く女の本音白書』では、「社内恋愛をしたことはありますか?」の問いに、46.2%の人が「ある」と回答。さらにその中でも約2割の人たちがゴールインした一方で、約半数の人たちが別れを経験しています。社内恋愛とは、そんなに難しいのでしょうか? どんなことが難関で、それをどうクリアすればいいのでしょう?

社内恋愛を秘密にする


上記のアンケートを見ていると、社内恋愛に関して「秘密にしていた」という人は実に80%以上! 「不倫」ではなくても公言できないという人も多いようで、その大半が「仕事の成果やミスを、恋愛と絡めて考えられるから」「ワイドショー的な感覚で見られるから」「仕事がやりにくい」という理由。

では隠し通すためにはなにに気を付けるべきなのか? それはずばり、「絶対に秘密にする」ということ。
交際が順調だとつい浮かれて、誰かに話したくなります。しかし、「絶対に秘密にする」という、強い意志をふたりで固めておくようにましょう。まずは当人同士にその意思がなければ、雰囲気ですぐにバレてしまいます。
出社の際など、自宅を一歩出たらそこからすでに見つかる可能性があることも忘れないで。会社の最寄り駅まで一緒、そこでバラバラになる程度では、甘いのです! もちろん帰りも同じです。
社内でのアイコンタクト、すれ違いざまにさりげなくスキンシップなども、カンの鋭い女性社員なら気が付いてしまいます。あくまでも社内では仕事モード一本で通しましょう。
飲み会などではお酒も入り、気が緩みやすくなります。ついいつもの調子で、下の名前で呼んでしまったり、ペタッと肩にもたれかかってしまったりするようではいけません。あえて、席は離れて座ったほうが無難かも。

あえて、口の堅い同僚ひとりを味方につける


人選が一番のキーポイントになりますが、社内にひとり味方がいるだけで、ふたりの恋愛はスムーズに。アリバイ作りを手伝ってくれたり、「○○さんが、ふたりの仲を疑っていたよ」といった情報を流してくれたりします。ふたりがケンカをした時の仲裁役にもなるでしょうし、彼の浮気の見張り番になってくれることもあります。

プライベートを職場に持ち込まない


EDITOR

鈴木ナナ/studio woofoo

お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事

今、あなたにオススメ