彼女にしたい女と結婚したい女の違いって? 男が「将来を考える」女性の特徴4つ

「付き合う人と結婚する人は別」……まぁまぁ幸福な結婚を果たした既婚者たちは口をそろえてみなそう言うけれど、「どこがどう別なのか」までを詳しく説明してくれる人は少ない。だからこそ未婚女子は悩むのだ。
それは男性だって同じこと。彼らはきっちり「交際相手」と「妻にする人」を区別しているが、その本音を決して女に語ることはない!

今回は「彼女にする人と結婚する人の差」を男女それぞれに掘り下げてみた。今日の記事は男性編である。普段聞けない男の本音を心して聞いて欲しい。

1.周りとうまくやってゆける女


・「以前結婚を考えた女性がいたけど、彼女は我が強くて自分を絶対曲げない人だった。そういうところに初めは惹かれていたけれど、いざ婚約話が進んだら、俺の親兄弟だけでなく上司や友人に対しても『それは違います!』『私はこう思います!』と反論しまくり。『あの女、一体何なんだよ』『考え直したほうがイイ!』と諭され……周りの人間全部を敵に回してまで結婚する強さなど俺にはなかった」(30代・地方公務員)

――男性は結婚に対して“平和”を求めるものだ。それを満たしてくれない女性は妻になどできない、ということなのだろう。結婚は当事者ふたりだけのもののように思えるが、この例のように親や職場の上司から大反対されてまで己を貫くような男性は少ない。男性は女性よりもことを荒立てたくない平和主義者であり“社会的な体裁”を求めるものなのだということを覚えておいてほしい。

2.機嫌の安定した女


・「嫉妬や駄々をこねて泣く子は正直キライじゃないです。男としての優越感をくすぐられますしね。でも結婚するならそんなウザい女はパス。毎日毎日ヒステリー起こされたらやってられないし、嫁は大らかな女が一番。ジェットコースターみたいな気分屋の子とは遊びで付き合いたいな(笑)」(20代・海外営業)

……「私のこと好き!? ねえ、ホントに好きなの!? 好きって言ってよ!」と確認せずにはいられない女は男性から“嫁じゃなくて愛人タイプ”とみなされてしまう。女性側も想像してみれば分かるだろう。「刺激は連日じゃ疲れる、たまにでいい!」のだ。誰にだって機嫌を損ねることくらいはあるが、結婚を意識する男性の前では、“機嫌落差急降下女”の面を見せない方が無難だろう。

3.経済観念がマトモな女


EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事