意外?納得?「彼がプロポーズしてこない」4つの理由

気になっている男子がなかなかプロポーズしてこない……そういうとき、男子はなにを考えているのかについて、今回は迫りたいと思います。
何人かの男子にお話をお聞きしてみました。
さっそくご紹介しましょう!

1:付き合わなくてもエッチはできるから


「そもそもプロポーズして付き合わないとエッチできないってこともないですよね。付き合うとか結婚するとか、そういう『形態』って、ぼくはどうでもいいので、バシっとプロポーズするってことはないですね」(28歳・介護)
一見、合理的なご意見に見えますが、じつは、この彼は以下の証言もしています。

2:告白したら「重たい」と嫌われそうだから


「プロポーズしたら、それを重たいと感じる女子もいますよね。重たくて、今の関係すらなくなってしまったとなれば最悪なので、だからぼくは『付き合わないとエッチできないわけじゃない』と、じぶんに言い聞かせているんです」(同上)
プロポーズしてしまったら、今の関係すら失ってしまうこともあるから、プロポーズしない……たしかにそういう関係もありますよね。
男らしく当たって砕けてというのは、「今風」ではないのかもしれません。

3:お金がないから


「ぼくが気になっている女子にプロポーズしないのは、お金がないからです。プロポーズして結婚することになれば、お金がかかりますよね」(25歳・IT)
取材の裏話的なことですが、IT企業の若い男子って、わりとお金を持っていないことが多いように思います。道路工事の職人さんとか、植木職人さんのほうがお金を持っているように見えたりもします。お金の使い方の問題でしょうか? それともIT企業は経済的に豊かではないのでしょうか?

4:酔っ払ったら彼女の顔が別人になるから


「プロポーズしたいですよ。でも、彼女は酔っ払ったら顔が別人みたいになるので、躊躇しているんです」(27歳・商社)
お酒好きの女子なら「だからなんやねん」と言いたくなるかもしれませんね。別人みたいなあたしの顔もあたしなんだから、すべてのあたしを認めるべきだという正論もありつつ……。

関連記事