「元彼の悪口」を言える人・言えない人、タイプ別 失恋立ち直り術

恋愛の別れでは、両者の納得がいかず、悔恨の情が残るケースも少なくないもの。一方的に破局を宣告されたり、不誠実な扱いをされたりした場合、「ヒドい、許せない!」と相手に長らく怒りや憎しみを抱き続けることもありますよね。自分にとっては「ヒドい人」でも他の誰かにとっては誠実な恋人であることもあり、こうした意見は非常に主観的なものではありますが、恋愛では「悪口はよくない」なんて正論では乗り越えられないこともありますよね。時には別れた相手を憎んだり怒ったりすることが、立ち直るために効果的な場合もあります。では、どんな性格の人にどんなスタンスが有効なのか。それぞれの失恋から立ち直る方法について考えてみました。

相手優先で考えてしまうタイプ……あえて非難することで、「自分を大事にすること」を学ぼう


まずは、いつも相手の気持ちを優先してしまって自分を優先できない、自分を一番に考えるのが不得手なタイプ。このタイプの人は、別れた相手に対しても「怒る」ことが苦手です。どう考えてもヒドいことをした相手でも、思いきり責められず、「自分もダメだった」「私がこんな風だったから」と反省ばかりしがち。怒るという行為は、「自分のほうが相手より正しい」「自分は間違っていない!」と思えなければ、できないからですね。

このタイプの人は、「主張不足」や「自分を尊重しないこと」が恋愛をダメにしているケースが多いので、これらを身につけることで、恋愛がうまくいくようになりやすいです。たまには、「私も悪かったかもしれないけど、私に不誠実なことをしたあいつは、やっぱりロクでもない!」「私にとってはヒドい人だったんだから、怒ってもいい!」と言い聞かせ、友達の前などで存分に発散させてもらいましょう。相手を気遣えることは長所ですが、自分にプライドを持ち、「自分を大切に扱うこと」を覚えていくといいと思います。

物分かりのいいタイプ……反省はせず、「素晴らしい時もあった」と過去を肯定しよう


関連記事