同窓会ラブは思い出補正!? 地元の集まりや同窓会に今すぐ参加すべき理由

お盆や夏季休暇、帰省や連休に合わせて同窓会の招待状が送られてくることが多いこの時期。
これまでなかなか参加出来なかったけど都合をつけて“久々の同窓会”に参加したあなた。
「嘘、あれが○○君なの……!? なんか、ちょっとカッコ良くなってる……?」
な~んて胸高鳴らせることもあるかもしれない!

同窓会を蔑ろにしてはいけない!!
だってそこは意外な“恋の宝庫”だからだ! 同窓会には恋のエピソードがたくさん転がっているのである。
先日フジテレビ系列で放映された『TOKIOカケル』でも、「同窓会で同級生からこんなことを言われて交際が始まった」「こんな再会があって幸せになれた」という“幸せエピソード”を募集したところ、なんと500通以上もの応募があったのだというから驚きだ。

「実際そんなことあるの?」
「それってテレビドラマのなかだけじゃない? 現実はそんな上手くいくハズもないし……」

そう疑問を持つ女性もいるだろう。
だが今回改めてリサーチを行ったところ、驚くべき事例が浮かび上がったのでぜひみて欲しい。あなたも今すぐ「同窓会」に行きたくなるかもしれない!

同窓会で夫を見つけた私


・「同窓会なんて大嫌いだった。キャリア比較、彼氏・夫の有無、子ナシ子アリの違いで、表面上はニコニコしてても奥で女の嫉妬が渦巻く。でも、くじ引きでムリヤリ幹事に決定し、心底ウンザリしながらも準備をするハメに。気乗りしなかったけど、決まっちゃった以上必死に動いた。加えてもうひとりの幹事の男子の協力もあって、当日はどうにか大盛況。任務を終えほっと胸を撫で下ろしていると後日、その男子からメールが……。『同窓会は終わっちゃったけど、○○とはずっと連絡を取り続けたいな。だって俺、オマエが幹事だって聞いたから、引き受けたんだぜ』と告白が! どうやら昔から私のことを“ちょっといいな~”と思い続けてくれてた上、再会した私の幹事ぶりや責任感に惚れこんでくれたみたい。彼の人柄は会のやり取りをする中で分かってたし、もちろん返事は“OK!!”。結局そのまま結婚に流れ込み、今度子供も生まれます。もう同窓会がキライだなんて絶対言えない(笑)」(30代・産休取得中)

EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事