バンギャルちゃんがパンピ彼氏から言われた衝撃的なお言葉5つ

「ねぇ、頼むからビジュアル系のライブ行かないで。行くくらいなら俺に化粧して良いから、それで満足して! っていうかそろそろビジュアル系から離れて」

このセリフ、実際に筆者が大学時代の彼氏に言われた言葉です。ん、ちょっと待て。いやいや、君どんだけビジュアル系侮ってんの? あの人たちの世界観の作り込みマジですごいし、とりあえず楽器弾けるようになってから言ってヨネ……† 当時まだ厨二病を炸裂させていた頃でした。とりあえず彼氏にメイクを施してみたんですよ。うわ〜ん、コレジャナイ感。これはこれで楽しいけど、ワイが求めてるのこれじゃないんやで……。

さて、世間ではビジュアル系を愛する乙女たちを「バンギャル」、「バンギャ」などと呼びます。ビジュアル系という特殊なジャンルを愛するがゆえに、パンピ彼氏(ビジュアル系ファンではない普通の彼氏)からその趣味を理解されず、苦悩の淵に立たされている女子もいるとか、いないとか。「パンピ彼氏しか無理」というバンギャルが多い一方で、「バンギャル無理!」という男性がいるのは悲しいかなニーズの不一致ですね。

そんなバンギャルちゃんたちが、パンピ彼氏から言われたお言葉をご紹介いたします。ちょっとそこのお兄さん、彼女がビジュアル系好きでも、あまり責めないでくださいね!

その1:「ねぇ、aikoとかKAELAちゃんとかYUIとか歌てよ」

  
「昔パンピ彼氏とカラオケに行ってジャンヌダルクを歌ったら、『ねぇ、aikoとかKAELAちゃんとかYUIとか歌ってよ、女の子なんだから』と言われた。ごめん、その人たちの曲、歌えないです……」(29歳女性)

その2:「追っかけしてる分のお金で自己投資しなよ」

  
「好きなバンドのツアーの遠征でお金がカツカツになっていた時、彼氏から『そんな風に追っかけしているお金があったらさ、自己投資に使いなよ。バンドのためにお金使っても自分の将来のためにならないじゃん』って言われてかなりぐさっときましたね。正論だったのでなにも言い返せなかった(笑)」(28歳女性)

その3:「そういう低俗な音楽聴くと精神異常になる」

EDITOR

ヤマグチユキコ

20代女子WEBライター。趣味はヨガと将棋と杏仁豆腐作りです!

関連記事

今、あなたにオススメ