なぜセックスレスになるの? 「彼女に触れない」男性の本音

前回のコラムでは「セックスレスになった時に女性が取りがちな行動」についてお伝えした。その結果、レス状態から脱出するための対策や努力よりも、最も多いのは「ラクだからレス状態のままでいる」という回答だった。

特に不満がないのであればずっと性行為ナシでいる……というのももちろんアリだろうが、その「不満のない」状態が女性側だけの場合、カップルのあいだに深刻な亀裂が入ることもあり得る。
今回の記事では「レス状態に陥った男性側の心理についてリサーチしてみたので、「あなたなりの結論」を探る助けにしてみてほしい。

それどころじゃない


・「使えない老害上司と、新人部下に挟まれてストレスがハンパじゃない。休みの日なんてグッタリで正直彼女に触れるどこじゃない。コッチが何もしなくて済むならいいけど、そうもいかないし……。休日までサービスしたくないのが偽らざる本音」(30代・建設・建築)

――いつの間にかレスになった男性の言い分ナンバー1がこちら。「休日は別でしょう?」「だったら余計にリフレッシュしたほうが……」というのは女性側の理屈である。男性は意外と気分の切り替えがヘタで、一度イヤなことがあると解決するまでその問題に固執しがち。そして彼らは女性よりも「会社や職場から逃げられない」ことが多い。
結果、平日どころか週末も年がら年中“仕事モード”で、セックスどころではない……となってしまうのだ。

めんどくさい


・「セックスまでの下準備が面倒くさい。デートや美味しいものを食べに誘って彼女の機嫌取って顔色を伺って……。それだけ努力してもフタをあけたら大して良くなかったりする。正直、抜くだけだったらひとりでいくらでもできるし、その方がむしろ自分の好みのものを見付けられたりもする。男だったら“彼女とするよりも一人でする方が楽”って気持ち、分かると思う」(30代・宿泊関連)

――女性からすれば残念だが、男性の心からの本音がこれ。上の彼の語る言葉に共感はもてなくても、「そうだよね、めんどくさい部分もあるよね……」と“理解”はできるのではないだろうか。綿密な下準備やシチュエーションがないと互いの快楽に結びつかないセックスという行為は、ある意味とても高度なコミュニケーションだとも言えるだろう。

傷つきたくない


EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事