思い出はプライスレス! 「デートが苦手」な人におすすめのデート

「恋愛が面倒、苦手」というが増えている時代。話を聞いていると、「デートは気を遣いすぎて疲れる」「相手の気持ちを気にするのが面倒で、億劫になる」という理由を挙げる方も多く、そのために「ひとり行動、もしくは大勢で行動するほうがラク」といった心境になるようです。でも「デート」って、実際には「男女が日時を決めて会う」、それだけを指す言葉。多少なりとも一緒に楽しもうという姿勢や工夫は必要ですが、色んなデートがあっていいし、もっと気軽にどんどん出かけてみればいいのかも。今回はそんなお話です。

どんなデートだって「思い出」にはなる!? デート推薦理由3つ


(1)「思いがけず楽しい」に出会うために行動を!


デートが疲れたり億劫になったりするのは、「嫌われたくない」「自分も相手も満足させたい」などと気負いすぎることが最大の原因。でも、よくよく考えてみれば、友達と出かけるときだって、「行く前から絶対に楽しいと100%保証されている機会」なんてないものですよね。友達とでもいまいち楽しめない日はあるし、逆に期待していなかったのにものすごく楽しかった、なんて機会もあるものです

そう考えれば、デートだって盛り上がらなかったり、楽しめなかったりする日があって当然。不調な機会が何度か続いただけで、「デートはつまらない、疲れる」と判断して嫌ってしまうのは早計かも。とりあえず出かけてみないことには、「思いがけず楽しい」にも絶対に出会えない。気持ちが渋るときには、そんなことを思い出してみるといいと思います。

(2) ふたり行動は、ひとり行動より「思い出」に残りやすい!?


それに、結果はどうあれ、気になる異性と出かけた街や場所はとても心に残るものです。若くしてパートナーを亡くした知人が以前、「ひとりになってから、思い出が作れなくなった」と語っていました。一緒に喋り、笑い、時には怒ったり喧嘩したりもしながら歩いた場所や機会は、すべて「思い出」として残っている。それに比べ、ひとりではどこに出かけても考え事をしながら歩いているだけで、心に残っていない……とのことでした。

関連記事