悩んだら「とりあえず付き合ってみる」が大切な理由

「いい関係の男性がいます。彼も私を気に入ってくれているみたいで……付き合ってもいいんでしょうか?」

「付き合ってもいいんでしょうか?」と相談をしてくるのはどういうことかと申しますと、心の中で
”彼は恋愛相手としては素敵だけど、結婚となると違うかも”という悩みを持っている場合があります。

結婚対象でない男性というのは
・サラリーマンでない
・遊んでいるのではないか? と思う言動がある
・住んでいる場所が離れている
・長男である
・年齢が高い(低い) などですね。
他にも理由はあるかもしれませんが、代表的なのは、こんな感じ。
簡単に申し上げると「自分の理想とする結婚相手のタイプと違う」ってことなんですよね。
確かに、結婚は恋愛と違い、返品しづらい高い買い物みたいなものですから、あれこれ考えてしまう気持ちはわかります。

「とりあえず付き合う」が大切な理由


ですが、私はこういうパターンの相談には「とりあえず付き合ってみたら?」とアドバイスします。

なぜなら、付き合ってみれば、案外うまくいくからです。自分と相手が、こちらに好意があるのですから。
年齢を重ねると、なかなか自分が「いい!」と思う相手との縁って、少なくなってくるんですよね。
それに、長い付き合いをすること結婚生活で最も大切なのは「相手を思って自分を磨く」ですので、サラリーマンかどうか、長男かどうかって、あまり関係なかったりするんです。

自分の恋愛傾向で決めるのもアリ


付き合うかどうか決める基準の1つに「今までの自分の恋愛傾向で考える」というポイントがあります。
例えば、もともと直感で動くタイプで「とりあえず会ってみる」「付き合ってみる」という傾向が強い人は、少し慎重にした方がいいかもしれません。

しかし、もともと慎重派で「相手と親しくなるまでに時間がかかる」という人は「とりあえず付き合ってみる」ということは、非常に大切。
特に、最近の男性は「反対方向を向いている女性をこちらに向ける」という根気がない人が多いですから、慎重に考えすぎているうちに、他の女性とくっついてしまうことが、結構あるのです。

EDITOR

橘つぐみ

つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ