※ただしかわいい子に限る! モテ女子だから言えるセリフ4パターン【イラストコラム】

かわいくない子やモテない子が言ったら引かれちゃう、とても言えない……というセリフでも、モテる子には堂々と言えちゃう余裕があります。
なんでそんなセリフが言えちゃうの? そのセリフ、どう聞こえてる?
自信がある子だから言える、ありがちなセリフについて、分析してみました。

「あたしってぽっちゃりだから〜」



ぽっちゃりだけどモテる、っていう自信があるからこそ臆せず言えちゃうセリフ。
もちろん、実際は決して太っているわけではありません。ガリガリではなく、スタイルをキープしつつも適度な肉づきがあり、男子が喜ぶふんわり感、ということ。
それを、自虐っぽくみせつつ自慢できちゃうのがこのパターンです。

「実はオタクなの」



オタク=見た目がモサい、というステレオタイプは、今や崩されつつあります。
それでも“かわいいオタク”“おしゃれなオタク”はやっぱり希少価値が高いのでしょうか。ギャップを演出しながら、かわいくて多趣味! という話題の広がりをもたせるモテテクです。

「中身はおっさんだよ〜」



「中身は」とわざわざ言っちゃうくらいだから、これも見かけとのギャップ演出パターン。
外見がかわいい子が中身も乙女だったら親しみづらい。見かけと裏腹、豪快でサバサバした自分……女子も敵に回さないし、男子も嫌いなわけがない! おいしいポジションをものにするのです。

「夢の国のチケットって自分でとったことないんだよね」



つまり、デートでしか行ったことない! もちろんお金も相手持ち…ってこと。女同士で行くなんて逆に新鮮。ハイレベルですが、さらっと言っちゃう子、います。
自慢っぽい口調ではなく、遊びに行く予定を立てるときなどに、自然と口をついて出てくるうらやましいセリフ。言われた女子は降参するしかありません。

女子ウケは?


自慢に聞こえないけど自信が垣間見える発言や、自慢を通り越して事実でしかない発言……そんなセリフをちょいちょい言ってくるモテ女子。
あからさまな自慢ではないので女友達ともうまくやっていますが、超えられない壁をつくってしまう発言であることは間違いなさそう。
(大石蘭)

EDITOR

大石蘭

1990年生まれ。イラストレーター、文筆家として活動中。著書『妄想娘、東大をめざす』(幻冬舎)他

関連記事