女子が一生忘れられない、心に残る思い出の「プロポーズ」とは

厳しい暑さも終わり、ようやく過ごしやすくなってきた9月。秋と言えば「食欲の秋」だとか「読書の秋」だとか言われるが、アラサー女子にとっては“結婚式の秋”なんてものもあるハズ。

近年ではジメジメ梅雨のジューンブライドや、陽気はいいけれど年度始まりで何かと忙しい春のシーズンを避けて、気候の安定した“秋”に結婚式を挙げるカップルがとても多いそうだ。「そういえば9月も10月も式の招待状が続いて……ご祝儀貧乏になっちゃう!」とひそかにアタマを抱えている女性もいるのではないだろうか。

今回はそんな“結婚式”にちなみ「女子が忘れられないプロポーズ」をリサーチしてみた。あなたの“憧れシチュエーション”に思いをはせてみて欲しい。

1.結婚して下さい


・「私の彼氏はほんわかしてて優しいんだけど、言動も動作もスロー。イライラさせられながらも、母性本能をくすぐられて……って感じで付き合ってきた。ある日定食屋で一緒に夕飯を食べてたら、食べ終わったあと彼が席を立たず、いつにも増してグズグズしてて……。『何? どうしたの?』『お腹でも壊したの?』『また財布がないの?』っていう私の矢継ぎ早な質問にはすべて首を振り、奴が絞り出した返答は……『け、け、結婚してください』……って。場所が場所だけに思わず『はぁ!?』って言いそうになったけど、彼が脂汗を掻いてるのをみて本気さを感じた。ちょっと沈黙したあとの返事は『……はい』。店員さんが思わずすっ飛んで来るほどの彼の喜びようを見て、“あぁ、この結婚は間違ってないな~”と。そして同時に“私も彼とずっと一緒に居たいんだな~”としみじみと確信した」(30代・団体職員)

――このプロポーズの舞台は全国どこにでもあるチェーン店、それも食べ終えたあとの皿の山を目の前にして……という、“女子の憧れ”とは程遠いシチュエーションである。けれど読み終えたあとになんとなくほのぼのするのは、“彼らが互いに望むモノを手に入れたから”に他ならない。今回のリサーチで最も多かったのはこの「結婚してください」というシンプル過ぎる恋人からのひとこと。けれど好きな彼からの言葉ならば、女が望むのはこれ以上ない! というセリフでもあるのではないだろうか。

2.他の男に取られるのは嫌だ」


EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ