いつも同じことの繰り返し! カップルの刺激がなくなる5つの危険なマンネリ

長いこと付き合っていると、恋人との関係も徐々にマンネリ化してきますよね。相手のことは好きだけれど、なんだか刺激がない! このままでも良いけど、その先に「結婚」はあるんだろうか? そんな風に、思考や行動が特定のパターンに偏ってしまい、独創性や新鮮味がなくなってしまう状態が「マンネリ」です。お互いに良好な関係を続けるためには、やはりマンネリ化するのは回避したいところ。

次の5つのポイントに注意しましょう!

場所のマンネリ


まず、デートをしたり、一緒に時間を過ごす「場所」のマンネリ化。お家デートになりがちだったり、出向く場所といえば「ゲーセン」、「映画館」、「居酒屋」なんていう風に、固定化されてしまうことはありませんか? 楽だからといって、互いがこれに甘んじているとマンネリ化しがち。

セックスのマンネリ


次に「セックス」のマンネリ化。こちらも、いつも同じパターンで始まり、同じように終わるセックスは要注意。男性も女性も、「相手とのセックスがいつも同じパターンなんだよね」なんて友だちに愚痴ることがしばしば。性愛に対して消極的になって、お互いがやってみたいことや、いやだと思っていることを共有できないと、こういったセックスのマンネリ化に陥りがち。これは破局の原因にもなります!

見た目のマンネリ


次に「見た目」のマンネリ化。これは恋人とデートする時に、いつも同じような服装をしたり、同じような髪型、メイクでいたりすること。また彼氏の側も、いつも同じTシャツ、同じスーツ姿でのデート……などなど、「見た目」がマンネリ化することはしばしば。これでは「お、今日はいつもと違う!」という新鮮味もなくなりがち。もし相手が少しいつもと違ったり、綺麗にしていた場合は、過剰だと思わず「素敵!」と褒めるように心がけることが大事です。

食べ物のマンネリ


そしてこちらもありがちなのが「食べ物」のマンネリ化。お金がないからいつもの居酒屋で焼き鳥デート、とか、今日もカレー屋行こうぜ、などという感じで、長く付き合っていると食べるものが固定化されがち。同じ値段でも、ちょっと遠出してみるとか、いつもは食べないようなものを二人で探して食べに行くなど、「食」にも緩急をつけることが大切です。

会話のマンネリ


EDITOR

ヤマグチユキコ

20代女子WEBライター。趣味はヨガと将棋と杏仁豆腐作りです!

関連記事

今、あなたにオススメ