気持ちには応えたいけど…年下男子との交際を迷う最大の理由

発言小町に、「誰か背中を押してください!」という投稿が寄せられました。

トピ主さんは31歳の女性。最近、趣味のスポーツ仲間である24歳の男性から、「好きになってしまった」と告白されました。気持ちはとても嬉しく、まっすぐで純粋な思いに応えたい気持ちはあるものの、彼はまだ医療系の学生で卒業まであと1年半もあるとか。トピ主さんが、「年齢的にも結婚を見据えた交際がしたい」と伝えたところ、彼は「就職後2年くらいで結婚も考えている」と真剣に言ってくれたそうです。それでも、「少なくとも3~4年は交際期間?」などと考えると迷いもあり……この交際を決断すべきか、アドバイスを求めています。

「決断できない理由」をひもといてみると


投稿を読んで、トピ主さんが今回の交際をためらう理由は、以下のどちらか、または両方の気持ちがあるからではないかと推測しました。
(1)早く結婚して、自分の思い描く「人生プラン」を進めていきたい
(2)3~4年後に彼と結婚ができなかった場合のことを考えてしまう

まずは(1)について考えてみます。少なくとも3~4年後ということは、彼が27~28歳、トピ主さんは34~35歳での結婚になり、もしかしたらそれより上の年齢になってから、ということもあり得る。トピ主さんは「それでは遅い」と感じており、そのため彼との交際をためらっているという理由はひとつあるのでしょう。

「何歳までに何人の子どもがほしい」「早く家庭を築いて、家を持ちたい」など、具体的な人生設計を描いている人もいますよね。トピ主さんがそうしたビジョンを持っていて、その気持ちがかなり強いのであれば、仮に交際を始めても、そのうちに彼を待ちきれなくなるかもしれません。

続いて(2)。「確実に結婚できるならば、3~4年待ってもいい」という気持ちはあるものの、「途中でこの交際がダメになったときを考えると不安になる」といった理由も推測できます。知り合った当時、彼は「社会人になったら自由に使えるお金が増える。好きなことに使いたいから結婚はまだまだ先でいい」などと言っていたとか。彼はまたその考えに戻ってしまうかもしれないし、就職して価値観が変わることもあるでしょう。一方のトピ主さんは、年齢を重ねるほど結婚のチャンスが減るかもしれない……そういった不安もあるのかもしれません。

EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事