女子校出身女子が飲み会の席でやってしまった自爆エピソード3つ

女子校出身者って、なぜかお互い「あ、あの子女子校出身っぽいな」なんてわかるものですよね。なぜだろう、独特な“ニオイ”を発していると言いますか! さてさて、そんな女子校出身者たちが飲み会の席で経験した「自爆」エピソードをご紹介! 女子校出身のみなさん、当てはまることはありますか?

1.面白さを男性と競ってしまう


「女子校って、面白い=神、みたいな価値観があると思うんですよ。いかに面白いポジションを取るか、みたいなゲームがあった気がしていて。それで大人になって男性がいる飲み会でも、酔うとこういう性質が出ちゃうんです(笑)。
ちょっと相手の男性から『オレおもしろいっしょ?(ドヤ顔)』みたいな絡みをされちゃうと、火がつくというか。向こうより気の利いたこと言ってやろう、みたいな感じになって、結果女としてみてもらえなくなったりする(笑)」(28歳女性)

2.下ネタでヒートアップ


「女子校の子って、男が存在しないという異常な空間に何年も身を浸しているわけでして(笑)。下ネタとか結構えげつないレベルの話をするんですよ。飲み会の席って、ちょっと男性から下ネタを振られたりするじゃないですか。そんな時に、女同士で話すようなえげつない下ネタを言って爆笑してしまったりすると、向こうに引かれたり、逆に『こいつゲスい絡みしてもOKだな』と思わせて、セクハラされたりしますね」(25歳女性)

3.なぜかダメ人間エピソードを披露


「私がよくやってしまうのは、男性の前での無駄なダメ人間アピールです(笑)。わざわざ言う必要はないのに、飲み会の席にキラキラした感じのスイーツ女子が同席していると、『話もつまらないし男に媚びを売る共学女子と一緒にされたくない!』という無駄なプライドが出てしまって、逆に『私ってこんなダメっす!』みたいなキャラを積極的に演じてしまう。たいてい自爆しますが(笑)」(26歳女性)

女子しかいない空間は天国ですが、しかしいざ大学や会社に飛び込んでみると、「女子校って変な空間だったんだ!」と気付きますよね(笑)。女子校出身者だから楽しいこともあるし、自爆しちゃうこともあるけれど、それでも結果、「女子校サイコー」!
(ヤマグチユキコ)

関連記事