男と女のセックス観はこんなに違う!? セックスは始まりなの、終わりなの?

愛する人とようやく心もカラダも結ばれた夜。これでこそ本当の一心同体、ふたりは深い部分で通じ合った! と思っていたら、どうも様子がヘン。彼が冷たいような、むしろ遠く感じてしまうような……。こんな経験、ありませんか? 実は男と女では、天と地ほどセックス観が違うよう。これを知っておかないと、あなたばかりが虚しい気持ちになりそうです。男と女のセックス観の違いとは一体どんなものでしょう?

スタートかゴールか


ポルト大学の心理学者・フェリックスネートの研究によると、男女の関係において「男性にとってのゴールは第一位がカラダの関係を持つことであるのに対し、女性にとっての第一位は寄り添うことである」という結果が発表されました。

男性がカラダの関係を持つまであれだけ必死だったのは、ゴールに向けて全力投球していたから。カラダの関係を持ったところでフィニッシュなわけです。男性からすれば関係を持てば「終わった~」と一息つきたいところ。ところが女性はカラダの関係を持ったところからようやく「始まった」と考えます。ここから様々な理解を深めていって、最終的には心もカラダも寄り添い合う関係になりたい。幸せの扉が今まさに開いた瞬間なのです。この時点で大きな温度差を感じますよね。

永遠と一瞬


アメリカ・ジェームズマディスン大学の心理学者キャロリンブラッドショーの行った調査によると、「一夜限りのアバンチュールを好むと答えた男性は16.9%だったのに対し、女性はわずか2.0%」という結果が出ました。女性にとって一夜限りの関係には意味がなく、できるだけ長く続く関係を求めているようです。ですが男性はその場限りの関係もアリ。もちろんきちんとプロセスを踏んでくれる人もいますが、やはりゴールがセックスだとすれば、すべてはセックスのため。しかもできるだけ手間暇をかけたくないな~というのが正直なところではないでしょうか。

発情問題


人間の発情期というのは、他の動物たちと違うようです。その理由は諸説ありますが、他の動物たちは性行為を行ったとき、確実に実を結びそして健全に育てたいと考え、最適な時期に発情するようになっているのだそう。ですが人間はいつ子どもが生まれても育てられるために、特に顕著な発情期というのはないらしいです(詳しいことはわかっていませんが)。

関連記事