男性が見当違いなサプライズをやらかしてしまう理由

皆さん、サプライズって好きですか? ネットで検索してみると、「気持ちはうれしいけど、実は迷惑」という感想をよく目にします。気持ちはうれしいけど迷惑……なんだか複雑ですよね。そしてこの意見、ほとんどが女性でした。実は男と女の脳の違いがその理由。そこをちょっと紐解いてみましょう。

女は時間を大事にする 男は空間を大事にする


サプライズというのは突然、予想外の演出をされること。女性にとってそれは困るんですよね。時間を大事にする女性は、「来月、彼と旅行に行く」という予定が決まったら、一か月間ワクワクドキドキし続けられるんです。毎日その日がやってくるのを楽しみにし、日々その気持ちが積み上げられていく。その間にどの観光スポットを訪れるか話し合ったり、何を食べるか、誰にお土産を買うか、考えていることも全部幸せ。ところがサプライズは、この時間が味わえません。気持ちが積みあがらないまま当日が来るわけですから、うれしいけど微妙……になってしまうんです。

その反面男性は空間を大事にする。これは恋人と過ごす空間に重点を置くので、サプライズを仕掛けたいその日一日にすべてが集約されます。そこでどんな演出をするか、どんなプレゼントを贈るか、食事は? 場所は? 恋人を感激させるために完璧に演出することを考え、当日は確実に達成できるという自信でいっぱい。「最高の空間を提供した俺、どう?」と鼻高々。

ここで時間を大切にする女性としては「私のためにこんなにも時間を費やしてくれた。一生懸命私のことを思ってやってくれた」と思え、感激します。だから男性は、「このレストラン、半年前から予約しておいたんだ」と付け加えると、彼女は「半年も前から考えていたサプライズ」に感激し成功率が高まるんだとか。でもつい「俺のサプライズ、スゴクない?」というドヤ顔を見せる人が多いため、女性は喜んだフリをしなくちゃいけない義務感に襲われ疲れてしまうのです。

記憶力の違いが見当違いを生む


関連記事