「好き」がなんなのか分からない女子が急増中! それでも彼氏を作るべき?

ある女性から、こんな声を聞いた。
「男性と付き合っても、ぜんぜん続かない。というか、そもそも、“好き”っていう感情が分からず、相手をホントに好きかどうかわからない……。それでもやっぱり彼氏は作るべきなの?」

……最近、若い女性の間で、こんな悩みを抱える人が多いそうだ。恋愛体質の女性からすれば「はぁ? 何言ってるの?」と一蹴されそうな話かもしれないが、実際”誰かを好きになれない”のもイマドキの風潮だ。
今回は「なぜ好きがわからないのか」「好きという感情がわかないのか」その原因を探ってみた。

1.自分のこと以外興味がない


・「彼氏と一緒に居ても、互いにスマホいじってることが多い。たいていの場合彼はゲームしてて、私はLINE。互いに趣味も好みも違うし、彼に合わせてみようとしたこともあるけど退屈なだけだった。ムリするとケンカになるし、今くらいの距離感がちょうどいいと思う。でもたまになんかむなしい……」(20代・総務)

――彼も彼女もフィーリングが合わず、一緒にいても楽しくもないのに付き合いを続けている理由は「誰かといないと寂しいから」「彼氏・彼女がいるというほうが体裁よくていないよりはマシだから」の2点に他ならない。
悲しいことに、そうしたカップルは自分以外に関心がなく、相手にさほど興味がない。そのむなしさに気付いてしまった時に関係が続けられるかが正念場になるだろう。

2.性行為が苦痛


・「時々、なんで“恋愛とセックス”はセットになってるのかな~って思う。女からすればしたくない時もあるし、ビックリするほど上手な男なんてほとんどいない(笑)。いちいち指示するのもめんどくさいし、いつも同じでマンネリだし……。逆にその悩みさえなければ今も続いてたかもな~っていう元彼も、過去にはけっこういるかも……(笑)」(20代・ライター)

……女性の賛同を得られそうなご意見である(笑)。したらしたで「合わない」だとか「なんかしっくりこない」「満足できない」と悩み、しなければしないで「私って、魅力ないの?」「愛されてないの?」といずれにせよ悩みを運んでくる厄介なもの……それが恋愛におけるセックスというものなのだろう。人間関係や仕事に疲れ果てた女が「そんなめんどくさいことを含む恋愛ぜんぶがヤダ!」と拒絶したくなるのはある意味、自然な流れなのかもしれない。

3.価値観が合わない


EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ