おしゃれ? サエない? 眼鏡女子のかわいさを分ける境界線とは

ここ数年、「眼鏡」が大流行していますが、いざ自分がかけようと思うと、意外と難しいですよね。似合うはずの眼鏡を買ったのに、「おしゃれ眼鏡女子」を目指しているのに、トータルで見るとなんだか根暗に見えたり、「サエない眼鏡女子」になったりしてしまう……。その理由はどこにあるのか? 眼鏡をかけこなすポイントを、おしゃれ女子たちに取材してみました。

1)流行っていても、似合わない形なら無理しない


まず一番に挙がったのは、「どんなに流行っていても、自分の顔型に合わない形のものはかけない」というアドバイス。基本的に、自分と顔型と同じ形の眼鏡はNG、と言われますよね。丸顔の人が丸眼鏡を、四角顔の人がスクエア眼鏡をかけると似合いにくい、ということになります。ただし、そういった場合でも、フレームの素材や色、太さなどを工夫すれば、うまく自分に似合うものが見つかることもあります。似合わない形のものをかけたいときは、特に念入りに選ぶべし。店員さんやおしゃれな友達に相談するとよさそうです。

2)「とぼけた感じ」「適度な野暮ったさ」+「清潔感」を意識して


続いては、洋服とのバランス。全体で一つの方向性にキメすぎてしまうと、どうしても「女教師?」「図書委員?」「女優気取り?」なんて感じに仕上がってもしまいがち。おしゃれ眼鏡女子たちは、「一カ所は力を抜いて、とぼけた感じを出す」「昔のウディ・アレンやダイアン・キートンのような感じを参考にしています。適度な野暮ったさと清潔感が大事かな」「眼鏡のときは、服はシンプルにして、靴や靴下など小物に力を入れる」といったポイントを教えてくれました。だらしなくならない程度に、襟の開け具合を調整したり、肩や腰のシルエットを落としたりするのもよさそうです。

3)「メイクの度合」も眼鏡によって変える


眼鏡をかけるときは、メイクの差し引きも重要。「アイラインを細めに、マスカラはレンズに当たらない程度にさらっと」「アイシャドウ、チーク、リップのうち色を使うのは1箇所だけにする」といったアドバイスのほか、「ゴツい眼鏡のときは、肌と眉だけ整える。フルメイクだとゴテゴテになりすぎるので」という人、「チークの場所を、眼鏡をかけてから考える」といった人もいました。顔に「眼鏡」というアイテムを1点プラスした分、メイクはどこか「引き算」する、という意識を持っておくとよさそうです。

4)前髪は「ナシ」か「パッツン」が最適!?


EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事