年上男性キラーな女子が語る「オトナの男の実態」5つ

「精神年齢が高い、オトナな男の人と付き合いたい〜」
「やっぱり精神年齢高いとなると、30代後半以上じゃないと無理だよね、結局既婚者とかになっちゃう」

――先日そんな会話を耳にいたしました。はてさて、本当に“年齢が高ければ精神年齢も高い”のでしょうか? そして“既婚者ならばオトナな男”なのでしょうか? ちょっと疑問が募り夜もろくに眠れずクマができてきました。助けて!

ということで、今回は“オトナの男キラー”の女子に、自分が実際に付き合ってきた“オトナの男の実態”について聞いてみることにします。世間には、年上の男性とばかり付き合う女子っていますよね。しかも、「結構な年の差でもまったく構わない!」「父親くらいの年齢の人と、何人も付き合ってきた」なんていう女子も少なくありません。

「オトナの男」なるもの、実は思い描いている理想像とは、かなりかけ離れているかもしれませんよ!

1.異常なほど幼児化する


「女子大生時代、50代の男性と付き合っていました。社会的な地位も所得も高い人だったけれど、私の前では異常なほどに幼児化していましたよ。“オトナ”なんていうには程遠く、赤ちゃん返りしたようで。人前ではしっかりとマナーを守る人でしたが、2人になった途端に食事中も手づかみで食べたり、『僕一人で食べられないから、○○ちゃん食べさせて!』とせがんだり。

わがままだし、赤ちゃん口調だし、性的にもドMでしたしね。年齢と精神年齢は比例しませんよ」(28歳女性・商社)

2. 身体年齢には抗えな


「26歳年上の男性と3年間付き合いました。初めのうちは良かったけれど、徐々に相手の身体年齢が気になり始めます。一緒に寝てても、皮膚がたるんでいたり、ちょっと疲れている時は加齢臭がしたり。好きなうちは良いですが、冷めてくると若くて同世代の男子が羨ましくなります。

たとえば、同世代の男子は相性が悪いから、という理由で『オトナな男』を求めるとしたら、それは間違いだと思いますよ」(26歳・メーカー)

3. 大人気ない見栄を張る


関連記事