目指せ元カノ越え! 男がふと今カノと元カノを比べてしまう瞬間とは

どうもこんにちは、ゲイライターの渋谷アシルです。

みなさま、ふとした瞬間に、今カレと元カレを比べてしまう瞬間ってありませんか? 「前のカレだったら、こんなことはしなかったのに」「やっぱり元カレはいい人だったな」なんて思ったこと、一回や二回はあるわよね。

でも、それと同様に、いやそれ以上に、男性は今カノと元カノを比べているんです。それはね、男は昔の女を忘れられない生き物だから。過去の恋愛を上書き保存していく女性と異なり、男性は過去の恋愛をフォルダごとに保存していくもの。そして、たびたびそのフォルダを開いてみては、終わった恋を懐かしむのよね。

では、いったいどんなときに今カノと元カノを比較するのか。男性陣の声をもとに分析してみましょう。

食事の好みが合わなかったとき


「前の彼女は和食が好きな子で、ぼくと食の相性が良かったんだけど、今の彼女はイタリアンとかフレンチが大好き。結局、二人で楽しめるお店がなかなか見つけられなくて、『元カノとご飯食べたいな』って思ってしまいました」
「初めて家に来てくれたときに料理を作ってくれたんだけど、なんだか好みの味付けじゃなかった。元カノは俺好みの料理を作ってくれていた分、どうしても比べてしまった」

”男の心をつかむには胃袋から”とはよく言ったもので、食事の好みが合うかどうかを重要視する男性は結構います。もちろん、子どもじゃないんだからある程度は我慢できることだけど、度が過ぎれば「元カノスイッチ」を押してしまうきっかけになるみたい。

特にそれが顕著なのが、外食のとき。男性が提案するお店をことごとく却下した挙句、自分の食べたいものしか提案しない女性は見限られちゃうでしょうね。

「今日、どうする? 和食にする?」『え~地味~』
「んじゃ、中華とか?」『からいの嫌~い』
「焼き肉とか?」『ニオイつくじゃ~ん』
「じゃあ、なにが食べたいの?」『パスタにしようよ~』「ああ、わかった(またかよ…)」

EDITOR

渋谷アシル

昼間は会社員の仮面をかぶった、謎のゲイライター。これまでお付き合いしてきたオトコをネタに原稿を執筆する、陰険な性格がチャームポイント

関連記事