男性が「この子と次のデートはないな」と思った瞬間4つ

「この間デートに行った人から全然連絡がないんだけど!」

そんな会話が聞こえてきました。なんでも合コンで知り合った男性と、一度デートに行ったは良いものの、その後向こうから連絡がこないんだとか。こういうことって、結構よくある話ですよね。今回は、「この子と次のデートはないな」と思ってしまった瞬間について、男性陣にインタビューしてみました。

1.まったく会話が盛り上がらなかった


「次はないな、と思うのは会話が続かなかったり、盛り上がらなかったりする時ですね。合コンの時は、周りに人がいるからどうにかなるけど、2人になった時に会話がないというのはよくある話」(31歳男性)

「自分が話す一方で、向こうはただ『へぇ〜』という反応しかしない時は、刺激がない子だと思ってしまうし、時間の無駄感がある。でも、逆にどうでもいい自分の話ばっかりする子も、うっとうしいからデートしたいとは思えない」(26歳男性)

まずは「会話」でお互いの波長があうか否かが重要なようです。それは女性からしても同じですよね。

2. まったくヤらせてくれる気配がなかった


「合コンの時にすごいビッチ感が出ていた子だったりすると、『デートしたらワンチャンあるかな』、と思って誘うことはあります。さすがに『ホテル行こう』、とかは直接的すぎるので、手を握ってみたり、『カラオケいかない?』とか『付き合う気ある?』とか質問する。それを華麗にスルーされると、男側は『可能性ゼロじゃん』と思ってしまうので次回のデートはありません」(32歳男性)

これはなんともゲスい意見。もともと誠実に仲良くなろうという意思がない男性もいるようです。こんなことを考えている人なんて、こっちからお断りだわ!

3. 昼間に太陽光でみたら思ったよりもブスだった


「夜の飲み会の場とかでカワイイな、と思った子をデートに誘いました。その時はランチデートだったんですけど、日中みたら『あれ、太陽光で見るとブスじゃん……』と思ってしまって。夜に暗いところでお酒が入っていると、女の子って可愛く見えるものですね。その瞬間、なんだか冷めてしまって次のデートはないなと思ってしまいました」(26歳男性)

関連記事