完璧すぎても男は遠のく さりげなく上手に甘える方法

私の運営している、つぐみ恋愛相談所にいらっしゃる独身の女性のほとんどは、「一人で暮らしていける収入は、あるんです」とおっしゃいます。
確かに、女性である程度の年齢になりますと、一人で暮らしていけるだけの十分な収入がある方がほとんどで、男性に養ってもらうために結婚する……という必要がないんですよね。

自立している女性たちは「男性に対する依存度が100%ではない」ので、本当のところでいうと男性にとっては快適ですし、そういう相手はべたべたタイプの女性よりも本来好まれやすいはずです。

ただ、1つ問題を挙げるとしたら「自立しすぎていること」が難点なんですね。
自立していることは素晴らしいですが、同時に「俺がいなくても、この子は生きていけそう……」と思われてしまうのです。

ですから、ほんの少しだけ、依存度を高める生活を心がけるといいと思います。そのための2つのポイントをご紹介します。

食事はおごってもらう


依存度を高める方法は、とても簡単。
食事に行ったら、おごってもらう。そのことに慣れることです。

それはお付き合いしている、いないに関わらずの話。
男性と食事に行ったときには必ず「おごってもらう」ようにしましょう。

お会計の時には財布を出さず、ニコニコしていて、男性が支払い終わったら「ありがとう」と言う。
たったのこれだけ!

最初から高額なものはハードルが高いので、まずは自動販売機で飲み物を買った時に、やってみるのがいいですね。

アドバイスをされたら「ありがとうございます」


2つ目は「アドバイスをされたら、お礼だけ言ってニコニコしておく」という方法。
男性は、こちらに関心があればあるほど、頼んでもいないのにアドバイスをしてくることがあります。正直、面倒だという気持ちが出ると思いますが、ここはひとつ、大人モテな対応をしてみましょう!

特に求めてもいないアドバイスをされても、にこっと笑顔で「ありがとうございます!」と言ってみて。

関連記事